第107回 小牧・落語を聴く会

2017年6月10日(土) 愛知県/小牧

桂 紅雀  「湯屋番」
桂 紅雀  「親子酒」
~中入~
桂 紅雀  「天狗裁き」


たっぷり3席! 満喫しました~
小牧・落語を聴く会のHPに紅雀さんの写真
早々とアップされてました。すだちさんツイートありがとうございます。



メモ
湯屋番、
先日の動楽亭と同じバージョン?
魚の骨取るくだりはカットでした。
女の人が「あらあらあら~」って若旦那を迎えるしぐさが
やっぱり面白い。

親子酒、
めずらしく見台ありでした。
高座が二段がまえのピラミッドみたいになってて、
「床がこんなに愛おしいなんて」(うろ覚え)の
あとくらいに、
「今日は(床が)ここまでなのね」
と言ってました。小牧限定のくすぐりです。


天狗裁き、
袴姿を見たときは、
宿屋仇かと思いました。(違った!)
途中、何度もひやっとしたけれど、
終わり良ければ全て良し…ですね。
 「こんなことなら、いやらしい夢を作ってでも言えばよかった」(うろ覚え)とか、天狗が「それば家主の夢の話であろう」というセリフは初めて聞きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ