2016年12月~2017年2月の演目メモ

最近めっきりブログに演目や感想を書けなくなっていたのですが、
さくら寄席でお隣のお隣の席に居たおじさんが南天さんの作ったネタ帳(びっしり書き込んである!)を見せてくださって、
見ていて飽きないなあ、と、つくづく思いました。
これは大事なことをブログで書き洩らしているぞ と思い、
甥っ子が寝ているすきに、
ブログに書き洩らしている落語会と演目を
ば~っと記していきます。



( )の付いている落語会は、
私が行ってない会です。

2016年12月

●(12/2 米朝一門 精鋭若手会 @岸和田・波切ホール
慶治朗「みかん屋」、紅雀「宿替え」 中入 ちょうば「掛け取り」、南天「ちりとてちん」)

●12/4 銀瓶 紅雀 二人会 @大阪市・無学
『対談』 銀瓶「牛ほめ」、紅雀「宿替え」 中入 紅雀「親子酒」、銀瓶「宿屋仇」

●12/8 動楽亭昼席
そうば「必殺仕分け人」、ひろば「狸の化寺」、しん吉「ふぐ鍋」、雀喜「知ってるつもり」 中入 南天「粗忽長屋」(ゆきだおれ?)、紅雀「首提灯」
・・・この会、すっごく良かったです。しみじみ。

●(12/25 ジャッキー7 @摂津市
白鹿「千早振る」、雀喜「看板の一」、紅雀「睨み返し」、雀喜「住吉駕籠」)

●(12/30 桂団朝 落語会 @動楽亭
団朝「年忘れ楽屋噺」、紅雀「親子酒」、団朝「高津の富」 中入 そうば「必殺仕分人」、団朝「正月丁稚」)
・・・紅雀さんは、「座布団を掛け布団にしたり、ブン回したりと大暴走w」したそうです。OIさんのツイッターより抜粋。あ~見たかった~! 



2017年1月

●(1/2 百年長屋 落語会 @森ノ宮or玉造
智丸「千早振る」、紅雀「かぜうどん」、南天「質屋蔵」。トーク有り)

●1/8 上方新鋭落語会 @西宮
團治郎「桃太郎」、ちょうば「読書の時間」(三枝 作)、紅雀「親子酒」、南天「火炎太鼓」 中入 米紫「厩火事」 <大喜利>
・・・読書の時間、初見。めちゃめちゃ面白かったです。

●(1/9 動楽亭昼席
そうば「手水廻し」、二乗「癪の合薬」、紅雀「いらちの愛宕詣り」、出丸「変り目」 中入 板里/太神楽曲芸、歌之助「茶の湯」)

●(1/16 玉水教会
米輝「子ほめ」、紅雀「親子酒」、吉弥「一文笛」)

●1/17 めいぷるごにんばやしの会 @箕面市
米紫「天災」、まん我「悋気の独楽」、吉弥「鴻池の犬」 中入 ひろば「法華坊主」、紅雀「たちぎれ線香」
・・・お客さんもいっぱいで、胸が熱くなるような会でした。

●1/18 河内寄席 @河内長野市
露の瑞「金明竹」、ちゅん助「眼鏡屋盗人」、吉弥「質屋芝居」 中入 紅雀「ちしゃ医者」、吉弥「短命」

●1/27 淳平寄席 @京都市
南天「道具屋」、紅雀「不動坊」
大学時代からの友達と行った会で、連れて来て良かった~! と思いました。

●(1/30 大美落語会 @大阪市
鯛蔵「軽業講釈」、紅雀「いらちの愛宕詣り」、竹林「ねずみ」 中入 銀瓶「書割盗人」、仁智「多事多論」)



2017年2月

●2/8 動楽亭
小鯛「いらち俥」、ひろば「鉄砲勇助」、紅雀「向う付け」、米團治「蔵丁稚」 中入 よね吉「稽古屋」、雀三郎「かぜうどん」
・・・久々の向う付け! 冷ご飯のくだりが好きです。最後に記帳しに来たのは安倍総理。
よね吉さんの「稽古屋」良かったなあ。喜六のキャラが割と荒っぽいタイプで珍しいかも。

●(2/9 動楽亭
そうば「粗忽の使者」、ひろば「みかん屋」、雀喜「ゲレンデ」、紅雀「池田の猪買い」 中入 雀三郎「ちしゃ医者」、南天「代書」)
・・・池田の~は一回か二回しか聴いてない噺。うわ~聴きたかったなあ。

●2/12 りらっくご @愛知県刈谷市
露の紫「看板の一」、紅雀「始末の極意」、南天「崇徳院」 <アンケートを元にしたトーク>
・・・べにてんを思い出して、しんみりしました。ああ、こんな感じだったかなあ。べにてんは夜の会だったから、もっとクダケタところとか、妙にど真面目な話もしてた気もしますが…。

●2/14 こころ坂落語会 @京都市
優々「延陽伯」、紅雀「宿替え」、米二「時うどん」 中入 米二「愛宕山」
・・・若手と中堅とベテランの個性が見事に組み合わさった素敵な会でした。
優々さん、ちょっと見ない間にものすごく成長されていて衝撃。延陽伯は私好みのテキスト。古すぎず新しすぎず、丁度良い感じ。
紅雀さんノリノリやったなあ。「どうした、オレ、オレ!」とか(笑)。男女同権のくだり、初めて芸能人の名前「けん」が付く人のくすぐり?を聴いてビックリ。
米二さんの時うどん、初めて聴く導入部。遊山船で喜六が「舞妓の袖にひょっと南京豆が入ったら…」「入れへん!」というやり取りに似てました。「もし道に羽織が落ちていたら…」「落ちてへん!」とかそういうやり取りが他に幾つか。米二さん、細目だから、ぱっと目を見開いた表情だけで笑える。ずるい(笑)。愛宕山は長い噺の印象があって苦手意識があったのですが、あっという間でした。苦手克服できたのかな。

●2/22 さくら寄席 @寝屋川市
白鹿「色事根問」、紅雀「宿替」、由瓶「長屋浪人」(小佐田 定雄 作)
・・・白鹿さん、初めて見る噺家さん。年季が明けたばかり。珍しく住み込みのお弟子さんだったとか。台詞はつまったりすることが無くて(殆ど)、言いこなれているなあといった印象。所作も細やかというか丁寧というか。紅雀さんの落語を聴いている身としてはもうすこし雑味が欲しい。由瓶さんの出番の前に小拍子を出し忘れたところだけ新人ぽくて可愛かったです。
紅雀さん、マクラが長いかなあってご本人が気づいてから、ちょっと巻き気味の宿替え。でも竹とんぼをおまるに入れるくだりは初めて聴いたかも。
由瓶さん、ご本人作の噺かなあと思ったら小佐田先生作でした。どなたかがこの噺をやっておられて、それを聴いてからずっとやりたかったとか。忠臣蔵が好きというマクラ、雪が積もった所に血がぱっと散って、それが日の丸みたいでって。独特の「好き」を持ってるところが紅雀さんと似てるかも。紅雀さんが似てるって言われて嫌がる気持ちも分かる。紅雀さんの方がちょっと醒めた視線というか考えを持ってる。情熱的な由瓶さんにはそれが分からない(多分)。すごく良く出来たお噺で、由瓶さんならではのアレンジも入っているのかなあと思う部分もあって、このままどんどん良くなったらいいなあと思いました。

●(2/24 宝塚ソリオ寄席
りょうば「子ほめ」、紅雀「始末の極意」、米二「げんげしゃ茶屋」、吉弥「かぜうどん」、ざこば「笠碁」)

コメントの投稿

非公開コメント

感想

こんにちは
久しぶりの感想文が嬉しいです♪
甥っ子ちゃんのお世話でお忙しそうやけど、やっぱりちょこっとでも記録を残してくれはるのを楽しみにしています。
さくら寄席でお隣に座らはったオジサンに感謝やね。

にこさんへ

こんにちは。
本当に感謝感謝です。
奈良県からお越しのお客さんでした。
ネタ帳を見ると色んな一門の会に行っているようで、
ほお~って思うことばかりでした。

ちゃんと感想記録つけないとダメですね(><)
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ