第78回 めいぷるごにんばやしの会

2016年1月19日(日)大阪府箕面市

桂 ひろば 「蘭方医者」
桂 吉弥  「餅屋問答」
桂 紅雀  「かぜうどん」
~中入~
桂 まん我 「ろくろ首」
桂 米紫  「佐々木裁き」


かぜうどん、自分の中では後半からのってきた感じ。
今年の初落語でした。



箕面駅に着いたら雪が舞ってました。
にこさんと待ち合わせて中華料理屋へ。

久しぶりのめいぷるの会、
お客さんはそこそこ入っているように見えたけれど、
常連さん曰く、もっと増えて欲しい、
というご意見。なるほど。


ひろばさん、開口一番は久しぶりで
緊張してます、と。
結婚のご報告と「蘭方医者」のサゲの説明を少し。
「カサ」は性病のことで、昔は外科が診る
病気だったとか。ちちんぷいぷいという呪文から
そのTV出演を願う呟きへ。フランクな開口一番
だなあと思いました。


吉弥さんの餅屋問答は、
うーん、昔聴いた米紫さんのネタが
凄すぎて、誰のを聴いても、
私の中で超えられない壁になってます。
噺に対する嗜好の問題もあるのかも。
問答の台詞がやや早口に聞こえました。
乞食(ニセ)坊主という設定だからそうなのかな。


紅雀さん、かぜうどんの
前半は私の中でしっくりこず。
独演会の時はもっと受けてた。とか思ってしまう。
同じように語っているのに、難しいですね。
うどん屋さんが少しネガティブっぽくなったかも。
後半の博打場面から徐々に来たっ!
って思いました。胴を取る人は、しけた空気を
打ち消すためにうどんを頼もうって言ったのかな。


まん我さん、ろくろ首は
丁寧なテキスト。足袋を脱いでからコヨリを付ける。
「この上ながら」を再度出すくすぐり。
マクラのあおばさん話が主人公と被って効果的。
「ちょっと見たらアホかいなあ、話してみると~」
何が可笑しいのか分からないけれど可笑しい台詞。
ぎゅっと詰まった一席だったと思います。


米紫さん、佐々木裁きは得意ネタ?
お奉行さんがシロちゃんに言いくるめられて、
「うっ」と戸惑う表情が素敵でした。
噺のあざとさが無い。
米紫さんの話し方で消してる。
話の合間の時代劇再現、面白かったです。
桶屋のお父さん、外で桶を作ってたんですね。
ずっと屋内(土間)で作っていると思ってました。



箕面のお客さんはとても素直で、
噺家さんが出てくる時の拍手はまばら。
噺が面白く終われば拍手を惜しみません。


※メモ
「今日もまったり」の
「第78回めいぷるごにんばやしの会 @箕面市立メイプルホール」

いつもにこさんの記事を読んでから感想を書かせてもらってます。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第78回めいぷるごにんばやしの会 @箕面市立メイプルホール

1/19(火)18:30開演 <本日の演目> 桂ひろば 「蘭法医者」 桂吉弥  「餅屋問答」 桂紅雀  「かぜうどん」      -中入-     桂まん我 「ろくろ首」 桂米紫  「佐々木裁き」 まん我さんのお着物は紺鼠色地に小紋が入っていますが、照明の加減かほぼ紺鼠色に見えています。 お羽織は紅梅色。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ