紅雀のきらめき落語会

2015年6月20日(土) 大阪狭山市・SAYAKAホール 大会議室

桂 小鯛  「青菜」
桂 雀五郎 「八五郎坊主」
桂 紅雀  「宿替え」


何度も聴いた「宿替え」ですが、
奥さんの口癖のマクラが上手く噺と繋がって、
全体的にとってもフレッシュな一席に感じました。



お客さんの入りは、
ちゃんと振り向いて数えていないので、
大体、八割五分くらいだったのではないかと
勝手に思ってます。


小鯛さん、長い拍手に包まれて登場。
マクラは内弟子時代のお話でした。
「これがツライんですよ」
しみじみとした一言で、お客さん笑ってしまいます。
師匠の家でご飯を黙ってもくもくと食べていたら叱られたのだそうです。
 「青菜」は、笑いの伏線があちこちにあって、それですら
思わず笑ってしまいそうな噺です。
 テキストは少し古めの型(だと思います)。
植木屋さんが自宅に向かう時に入る
長屋の風景描写の台詞が無い、
奥さんの「教育」「京行く」というクスグリが無い、
おからは古くない。あと布団が落っこちてこない。
 山葵を口に含んだあと、
鼻が取れた!という仕草、
頭から突き抜けるような衝撃(両手の人差し指を、
天井に向ける)がとても印象的でした。これはきっと新しい。
 今まで小鯛さんの落語で物足りなさを感じたことは
無かったのですが、珍しく感じたことをメモしておきます。
将来、このネタを見た時の覚え書きに。
・奥さん、もう少し美人オーラが欲しい
・ご亭主と植木屋さんの演じ分け、
植木屋さんがご亭主をモノマネしている時の方が
クリアに感じる。
個人的なメモ
・「その名も九郎判官」と小鯛さんは言う。
紅雀さんは多分「名も九郎判官」と言っている。


雀五郎さんが高座に登場した時、
私はよそ見をしていたのですが、
気が付いたら、座布団の上で俯いてはって、
両手で座布団の端っこを掴んで、ぐらぐらモゾモゾ…。
バランスを取ろうとする仕草にお客さん大笑い。
後で紅雀さんに「座布団で、おっとっと」していたと言われてました。
どうも、ふかふか過ぎる座布団で、
バランスをちょっと崩されたようです。
 掴みはオーケーな始まりをされた雀五郎さん、
「八五郎坊主」は、
冒頭の笑いに負けず劣らず、
しっかりと笑いを取ってました。
 枝雀さんのCDのテキストに、
プラスアルファの台詞が、ちょこちょこ。
(雀三郎さんが追加した部分なのかな)
「合掌」と「合唱」のくすぐりは初耳でした。
 噺の後半で、具体的な場面は忘れたのですが、
Aが何かの台詞を言って、
Bがそれを受けて嬉しそうにニッコリ笑う表情が
とても素敵だなあと思いました。
ふわ~っとした笑顔だったんです。
以前お見かけした時よりも、少し頬がふっくらされて、
何だか幸せそうだなあと思いました。
 マクラは紅雀さんのダブルキャスト事件。
前に聞いた時よりも皮肉な感じが無くなって、
二度目でしたが何だか新鮮に聴こえました。


紅雀さん、濃緑の着物が素敵でした。
(ここからもうファン目線全開)
マクラは、雀五郎さんのマクラに突っ込みをして、
「座布団でおっとっと、が一番の笑いになると
思ったけれども、そうでなくて良かった」
というようなことを話されてました。
言葉って難しい、という話から、
雀五郎さんの紅雀さんに対する慰めの言葉
→奥さんの言葉遣い、口癖の流れに。
お二人でテレビを見ている話を聴いたのは、
久しぶりで、奥さんがマクラに登場すると、
やっぱり可笑しさ倍増です。NHKの番組を一緒に見た
マクラは初耳でした。
 「宿替え」は、何度も聴いている噺ですが、
この日は久しぶりに落語に接したせいか、
とても新鮮に感じました。
 大変申し訳ない話なんですが、
私は紅雀さんが二三回噛む時の方が、
大変好みの内容になります。
全く噛まない時は、前見た時と同じ景色を
もう一度見るような感覚になることが多いんですね。
ちょっと躓いた方が、エッジが利いた内容に
なるのではないかと思います。
 この日は見たことの無い違った光景を
沢山見聞きしました。何だかとっても幸せです。
紅雀さんの落語でハプニングを望んでいる、
私はいけないファンです。
でも、ハプニングを乗り越えて笑いが多く生まれる
光景を本当は望んでいるのです。
 マクラと噺が放物線を描いてリンクするという
とても貴重な瞬間に立ち会いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ