「芋の地獄」速記

この頃、体の調子が思わしくなくて、
初代桂枝雀が心の支えです(何故に)。

滑稽説教「芋の地獄」、
中途半端ですが出来るところまで書き出した(と思う)
ので、ここでお披露目します。
分からない部分について教えてくれる方が
いらっしゃいましたら、どうぞ手を差し伸べてください。



はじめに
「説教」について。
堅苦しい内容のものではなく、
お坊さんが仏の道について分かりやすく、
面白おかしく説いたものを説教といったそうです。
語るのが上手なお坊さんは人気があって、
それを聞きに行くことが庶民の娯楽の一つ
であったとか。
(この辺、米朝さんの「落語と私」に載っていたと思うのですが、
うろ覚えで正確でなかったらすみません。)


初代枝雀の「滑稽説教「芋の地獄」」は、
そういった説教をさらにパロディー化したものと
考えられます。

芋の地獄(You Tube)
滑稽説教「芋の地獄」(You Tube)レコード画像つき。
(↑ノイズがやや強いかもしれませんが、
木魚の音が聞こえます)


滑稽説教「芋の地獄」  初代 桂 枝雀

えー、芋が地獄へ行くというお説教を申し上げます。

なむあみだぶ、なむあみだぶ、なむあみだぶ……(ゴーン)
なむあみだァーーアぶ、
なむあみだぶ、なむあみだぶ。

うーじーゅ(有情?) びゃくーそく  そいんは(?)
第十八の願(ぐわん)の心をうるなり。
すなわち この願の心をうるというは、
南無阿弥陀仏の姿をー心をうるなりーとー。
なむあみだぶ(×3)


さて、どよじゅん(?)

あの里芋でも小芋でも、煮てくりゃ ずいぶんにも
まえもうし(?)
生でバリバリバリって やってごろーじ。
口も腹も喉も えぐーて えぐーて
たまるやつやない。

この えぐい芋じゃけれども、
春の彼岸に植えられて、夏しばらくというものは、
夜は夜露をさめる(?)やら、昼は日傘を差すやらして、
ずいぶん葉を大きゅうして、身を白ぉしていたけれども、
秋の彼岸が終わりとて、
蒸されて干されて、
ずい気の毒な身の上になってしまうのじゃ。

えーかな?!

♪ 九十月が芋の味わいざかりとて、
町々を売り回られる。
五濁悪世の若人なれば、
悪人女人に五銭三銭貫 買い取られ、
鍋の中にはやーすい魚の煮汁をため、
転(ころ)の下には
三悪道(さんまくどう)の割木が
どうどうと燃え上がる。

♪ 芋は鍋の地獄へ落ち込んで、
くらくらくらと煮え返る。

花よりもしゃくし(杓子)如来がご覧じて、
「我、地上をすくわずんば、
身は杓子という正覚は取ろまいずる!
若不生者(にゃくふしょうしゃ)
不取正覚(ふしゅしょうがく)!!」

鍋の地獄へ飛び込んで、
すくい上げては、
南無阿弥陀仏。

茶碗のぜんざい(前哉・善哉)へ
乗らせたまえば、
箸の御料所(?)が受け取って、
奥歯に あーけて、
かむあみだぶ、かむあみだぶ。


けったいなお説教もあったもんで。

えー、お時間の都合がござりますので、
これでご免をこうむります。



上記の速記は少し古い内容です。
新しい内容の速記は、
「初代桂枝雀「滑稽説教 芋の地獄」の速記修正版」という
記事をお読みください。

※※
芋を″すくい″に行った杓子如来さまが、
最後芋を食べてしまう、
というナンセンスなお話です。
・・・と思ったのですが、芋と杓子を擬人化?して
最後人に食べられたという話かなあとも思いました。


・第十八の願の心をうるなり
……浄土真宗の蓮如上人の「御文」
にあります。

・転(ころ)……重い物を動かす時に、
下に敷く、堅く丸い棒。回転させて
物の移動を容易にする。

・三悪道(さんまくどう)
……三悪道(さんあくどう)の連声。
三悪道とは、悪行を重ねた人間が死後に「趣く」といわれる3つの下層世界(地獄・餓鬼・畜生の3つ)のこと。(wikiより)

・「我、地上をすくわずんば、
身は杓子という正覚は取ろまいずる」
…は言い換えて(ほぼイコール)、
若不生者(にゃくふしょうしゃ)
不取正覚(ふしゅしょうがく)」。
 「身は「杓子」」は掬うにかけた洒落。
本来は「身は「仏」」という語が入る?
正覚は悟りのこと。


仏教用語は難しいですが、ようするに、
杓子如来が地獄へ行って鍋の中の芋を「すくって」
芋が食べられた話です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ