第73回 めいぷるごにんばやしの会

2015年3月17日(火) 箕面・メイプルホール

桂 ひろば 「寿限無」
桂 吉弥  「天王寺詣り」
桂 紅雀  「肝つぶし」
~中入~
桂 まん我 「豊竹屋」
桂 米紫  「帯久」


抽選会で、紅雀さんの千社札ゲットしました♪
はじめから終わりまで楽しめて、
ギリギリの貯金だったのですが誘ってくれた友達に
本と感謝したいです。



お客さんの入りは、はじめは、
パラパラだったので、大丈夫かな?
と思ったのですが、十五分前後ぐらいから、
どっと入って、いつもよりかなり多めに。


トップバッターは、ひろばさん。
マクラは、抽選会のことを考えると自分の持ち時間は
8分しかない、と。それから箕面での余興の依頼の話。
余りに良いお客さんだったので調子に乗ってしまい…というもの。
「寿限無」は、聞いたことの無い出だしでした。
子どもが生まれて七日目。
初七日や、めでたい、と近所の言いふらす。
ここ、お客さんかなり受けてました。
私は分からずポカーン、常識が無いんですね…。
他は大体知っている内容でしたがかなりの短縮版。
寿限無の学友が迎えに来て、お母さんが起こす。
学友が、もう皆学校から帰って来たと泣く。(サゲ)。


お次は、吉弥さん。
マクラは、ひろばさんのことを指して、
あんなに早く(高座を)降りんでええのにと
苦笑い。
「天王寺詣り」は雀三郎さんから教わったもの。
ほっぺを叩いてペコポコ音を鳴らすのは、
雀三郎さんのオリジナル? と言っていた…気がするのですが、
記憶がおぼろげですみません。
乞食がお椀持って杖持っている姿は、
「ふぐ鍋」を彷彿としました。
 以前、パンジョ寄席で聴いた時はとても感動したのですが、
今回は視界がぼやけることが多かったです。
頑張って焦点を合わそうとしたのですが…。


お次は、紅雀さん。
見たことの無い桃色の着物(小紋入り)。
マクラは、男と言うのはアキませんね、ぐらいで
直ぐ「肝つぶし」へ。テンポが速くて中々ついていけず。
吉の丞さんや雀五郎さんのテンポが身についているせいです。
テキストを少し改変されていることもありますが、
私の耳が慣れるまでもう少し時間がかかりそう。
「くっしゃみ」も慣れるまで6~7回かかったし、気長に待ちます。
主人公が妹に「若いもんが先に死ぬやもわからん」と、
言う直前、目に狂気が宿ったような表情が見えた。
こういう所は凄くいいなあと思います。
※メモ にこさんとぴーまさんは紅雀さんの「肝つぶし」を
褒めていたので、私の感覚がマイノリティなのだと思う。


中入り
紅雀さんがスタンプを押すとき、「どっこいしょ」と
言った話を、にこさんとしていたら、
ぴーまさんが「どっこいしょ」と席を立って近づいて
来たので、めっちゃ可笑しかったです。
応援している噺家さんの話で笑い合える友達が居て、
私は本当に幸せ者だなと思いました。涙


中入り後は、まん我さん。
マクラで覚えているのは、浄瑠璃の節回しを
面白おかしく紹介していたことです。
「へ」が、大冒険するくらい、あっちこっちに行くので
本当にどこへ行くの? と思いました。
「豊竹屋」は初めて聴くネタで、聴く前からワクワク。
節右衛門さんは、即興浄瑠璃を語るのが特技。
お風呂屋さんで客いじり。
熱い湯玉がお尻にあたったのに我慢して浄瑠璃を
語ります。家に帰って、朝ごはんを前にまた浄瑠璃。
そこへ口三味線(洒落を言える人)が訪ねて来ます。
即興浄瑠璃と洒落付きの口三味線のセッション。
まさに運命の出会い。二人が羨ましい。
明るくて賑やかな可愛らしい噺で、楽しめました。


トリは、米紫さん。
マクラは、落語家という言葉は「落とし噺をする人」から
来ています、と。でも噺家は、それ以外の噺もする、
怪談噺や人情噺もしたりします、笑いの少ない噺も
あるのだなあと思ってくれたら、というお話。
米紫さんの話で長年の謎が解けました。
「落語家と言われるよりも噺家と呼ばれたい」という言葉を
本で何度も見て、漠然と何でだろう変なこだわりだなと
思っていたんです。なるほど。
「帯久」は、はじめからお終いまで噺に入り込んで聴けました。
完成度が高く、かなりやり込んでいる印象です。
帯久を悪人ではなく、嫌われている人、心の弱い人として
いたように思います。(好感度大)
それから少し笑いを入れてくれている所も良いなあと
思いました。しんみりし過ぎないサジ加減。
 和泉屋が火付けをする時、「煙草入れ」と言わなかった?
ような気がするのですが、どうなんでしょう。
以前、別の人で聴いた時は、物凄い貧乏なのにどうして
煙草入れを持っているのだろうと、疑問に思いまして。
でも、煙草入れを持っていないのに何故「ほくち」を持っているのか、
その辺が謎になってしまいますね。
聴いている最中は、噺に入り込んで気にならなかったのですが。
煙草入れは私の聞き落としかもしれません。
個人的には、煙草の葉が入っていない、ほぼカラのボロい「煙草入れ」を
持っていて(「ほくち」は入っている)、それは物乞いと間違われないために腰から下げているという脳内設定にしています。



抽選会は、前年までスタンプ一個の人たちは、
ぞろぞろっと帰ってしまっていました。
でも、今年はざこばさんのCDが当たる!
(スタンプ一個の人でも)ということで、
引き留めに成功。\(^o^)/万歳
吉弥さんと紅雀さんが司会。
紅雀さんは独演会の宣伝を言ってました。エライ。
そしてイギリスから来た人をインタビュー。
吉弥さんの落語が一番面白かったそうです。
マッサンの人が来ていると言ってた吉弥さん、
ファインセンキューと言ってました。
 米紫さんは、着替えが終わって途中から抽選会に
参加。紅雀さんが「帯久」良かったですねと話題をふると、
会場から自然と拍手が(凄い!)。
まん我さんは紅雀さんと絡んだり、吉弥さんと絡んだり。
お客さんが景品を選んでいる間は、トークで繋ぎます。
ひろばさんは、抽選会のグッズを渡す係。
わかばさん、ちょうばさん、鯛蔵さんもそうだったかな。
弥っこさんも確か来ていたような。
 ざこばさんのCDが当たる人は、
紅雀さんが客席に背を向けて「ダラララララ」と、
口でドラムの真似。「E列の」と言うと、
ひろばさんが「今日の日付で、17の人」と言いました。
マスク姿の女性が、ちょうばさんの千社札と一緒に
貰ってました。景品はスタンプ一個の人でも
全員行きわたったし、帰る人も少なかったように思います。
色んな年齢の人が楽しんでいた、
素敵な会だなあと、しみじみ思いました。


この日は、色んな人からお菓子や飴を貰って、
北野田の駅の待合室で飢えをしのぎました。
ものすごい癒されて、ただ感謝感謝です。
(落語会の前にお弁当を食べたのですが、
帰りの道中、最寄りの駅に着くころには、いつも
お腹ぐーぐー言わしてしまいます)


二つのアクセスランキングに参加しています。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村


↑ ぽちぽちっと押して応援して頂ければ嬉しいです。\(^о^)

コメントの投稿

非公開コメント

あらら!?

あの最後の景品はざこばさんのCDやったのね!?
私は米朝師匠のCDやと思って、そない書いてしまいました(^^ゞ
ごにんばやしの会はいつも楽しいね♪
落語のランキング、どちらも凄い上位にいたはりますね\(^o^)/

こんばんは

最後の景品、何だか自信が無くなってしまいました。
(><)ぴーまさんに聞こうかなあ。
 めいぷるは遠いけど、いつも行って良かった!
と思える落語会です。
 落語ランキング、自分でも吃驚しています。
でもFC2のブログランキングは下がってて…(苦笑)。
ランキングを始めた以上はもう少し頑張りたいですね。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ