感想が書けたもの

 3月5日の春團治一門若手による「曙の会」の感想、やっと書けました。福丸さんの「稽古屋」だけずっと書けていませんでした。ベタほめした内容ではありません。出来れば心の広い人に読んで欲しいです。

 3月9日の「らくご道」の感想、「夕焼け日記」の部分だけ書けていませんでした。牛ほめと鴻池の犬の噺で、この設定はおかしいのではないかという話がメインだったので(たぶん)、ちょっとマニアックな内容になっていると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

それだけ、よく記憶出来るものだと感心します。
私は早く書かないと忘れてしまうので、即書きます。そうしないと、記憶が忘却するのです。記憶が忘却って、何じゃそれ!
凹○ おもいっきりコテッ

もずさんへ

もずさんのお気持ち、よく分かります。
忘れることって辛いですよね。メモを取るのとはまた別に、書いている内に「こんなことあったっけなあ」と思い出すこともあります。これを追憶というのでしょうか?
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ