べにてん

2014年8月28日(木)鶴橋・雀のおやど

桂 南天 「延陽伯」
桂 紅雀 「佐々木裁き」

~中入り~
アンケートを元にしたフリートーク
1.あなたのジンクス
2.痛快だったコト!!


なかなか良い雰囲気でした。(^^)
佐々木裁きの苦手意識、ちょっと無くなったかも。



この日も、余裕を持って出かけることが出来ず、
大慌てで韓国冷麺を食べました。
行くたびにスープの量が違ったり、メニューの内容が
微妙に違うお店なんですが、
店長の鼻歌まじりの歌声が聞えてきて、いいなあと思います。
初めて行った日は、キムチの美味しさに感動して、
若い店員さんに「どこに売ってるんですか」と尋ねたら
「そこらの市場で売ってますよ」とクールな返事でした。
それが、通っている内におかみさんに顔を覚えられ、
ついにお店のキムチを分けてもらえることになりました。
ちょっと高かったかもしれないけれど、気に入っている味なので
まあいいかなと。次も購入を勧められたらどうしよう。


受付に紅雀さんが居て、
この間、途中で帰ったことを詫びようと、
あれこれ言い訳めいた言葉を考えていたのですが、
自分がからくり人形になったかのように、
三単語くらいしか出て来ませんした。
「途中で 帰って すみません」。


お客さんは、思ったより若い女性が多くて、
(中崎町の時より減ると思っていた)
30人弱くらいでしょうか。数を数えられないので、
いつも人任せですみません。(><)


南天さん、マクラで、「トークの量を減らし、
もう少し落語に力を入れて若手を脱却したい」と。
さらっと格好良いことを言ってました。「あまりしないネタを」と
言って噺へ。
ネタの延陽伯は、南天さんでは初めて聴きます。
初めは、不動坊かなと思いました。その次は、ろくろ首かなと。
主人公が以前、甚兵衛さんと橋で会った時、甚兵衛さんの
傍にいたのが、言葉の難しいお嬢さん。こういうくだりは
初めて聴いた気がしました。
 主人公の妄想場面は、かなりはじけた感じで、
ちょっとびっくり。がーさがさ、ぽーりぽり、と擬音を言う
ところは特にそうでした。
 糠持参のお風呂場の場面もきっちりありまして、湯気の
表現をさりげなく入れてくる辺りが何とも南天さんらしい。
 一番びっくりしたのはサゲで、
以前、紅雀さんで聴いた時は、酔って件の如し、という台詞は
読み書きが不得意そうな主人公が言っていたのです(多分)。
手紙の文末に使う言葉を言う主人公に違和感を持っていました。
南天さんは、お嫁さんがサゲを言っていて、
文章をさらさらと書く彼女なら言っても違和感が無いなあと。
衝撃を受けました。目から鱗です。南天さんはやっぱり凄い。
※メモ
夜中にお嫁さんが手をついて「いったん偕老同穴の契りを結べば
…千代に八千代に云々」という台詞があって嬉しかったです。


お次は、紅雀さん。マクラは、
ソフトバンクのお父さんとお兄ちゃんが近所の
イベントに来ると云うことでご家族で出かけた話と、
娘さんがアナと雪の女王にはまっているという話を。
 佐々木裁きは、厩火事ほどではないのですが、
何となく苦手意識がついてしまった噺です。
テキストがちょっとあざといと感じるのは私の心が屈折している
せいでしょうか。何となくその辺りを打ち消そうとされている辺りが
いいなあと思いました。「説明せな分からん」とか。
照れ隠しなのかなあと。
 しろちゃんは12才でした。佐々木さんが「面を上げよ」と、
しろちゃんに話しかける直前、とても優しそうな表情をされたので、
凄いなあと思いました。四郎吉が顔を上げる前なんです。
頭を下げている子供に対して、目が合う前の子供に対して、
ほほえましいと思える気持ちを持てる人なんだなあと思いました。
トークの時は痛さが炸裂しているのに、
痛い人ほど優しいのでしょうか。(そこまで言うか)
 以前(前々回?)聴いた時は、しろちゃんとお奉行さんがちょっと
仲の良い雰囲気になりすぎて(そう見えたのは私だけなのか)、
しろちゃんが「奉行はバカやなあ」と言った時に佐々木さんが怒って、
せっかく仲良くなったのにと思ってしまったのです。衝立のくだりは
無くして欲しいと思うほどでした。
今回は、そこまで親密にならなかったので、バランスが取れているなあと
思った次第です。
※メモ
おとっつぁんが、お奉行さんのそばに行く四郎吉を止めようとして、
見張りの人に棒でどやされた時、「しろきち、しろきち」と
エコーのかかった声で、スローモーションで後ろに倒れたので
映画みたいで凄いなあと思いました。(3秒くらいの間でしたが)


中入り後は、アンケートを南天さんが、
客席の後ろから回収して高座へ上がりました。
お二人は紅白のツナギの格好ではなくなり、
寅さんの腹巻を失くした格好の服を着てました。
紅雀さんは上下赤色で、南天さんは上下黒でした。
凄いシンプルで、紅雀さんは特に上の派手な羽織?を
脱ぐと「入院患者みたいでしょ」と。南天さんはそう見えない
のですが。南天さん、黒い服が似合ってます。
紅雀さんは、赤い服に赤い羽織を着ると、
南天さんから「赤鉛筆みたいや」と(笑)。
そこで赤い羽織は南天さんが着て、紅雀さんは紫の派手な
羽織を着ることになりました。

アンケートのジンクス話は
通勤途中にまつわる話が多かった気がします。
紅雀さんは以前、幼い兄妹が手を繋いで電車を降りた話を
されてました。あと、「ネタおろしの前とか悪い予感しますね」と。
南天さん「それは予感と違う、不安や」。根拠のないものが予感で、
不安なときは根拠がある、単にネタがくれてないからだと。(笑)
 痛快話は、南天さん私のアンケートを読むとき、
ほのぼのした口調で読んでくれてちょっと嬉しかったです。
悲しい内容の時は、悲しそうな声で読まれるのが印象的でした。
私はほのぼのした内容を書いたつもりはないのですが、
笑ってくれた人が多かったので、やったーと思いました。
一番笑ったのは、最後のアンナカの人でしたが。
「どうしたらええんやろな、この人」って南天さん言ってました。
 そういえば、高速道路で自分をさんざん煽ってた車が、
ネズミ取りに引っ掛かった、というアンケートが出て、
紅雀さんが「分かるわ~」と。紅雀さん曰く、
ネズミ取りを見つけるのが上手いので、よくその車の後ろに
引っ付いているのだとか。そしてスピード違反する車が
ネズミ取りに追われる様を見て痛快だと。
南天さん、「それ(アンケートの痛快な話と)違うで」
今回は紅雀さんがボケで南天さんがツッコミっぽい流れが
多かった気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

キムチの量

どれだけあったのか
大変気になっております(W

キムチ

1キロ弱でした。やっぱボラれました?
でも美味しかったです。(^v^)

宿替え1回目のべにてんには行けませんでした。おやどに移ったらお客さん増えたんですね。やっぱり落語ファンにはお馴染みの会場なので、行きやすいんでしょうね。紅雀の、の翌日の朝に紅雀さんからひろば
さんに、そっちは何人入った?て電話があったそうです。こっちの客みんなそっちにとられたって(笑)
アンケートに、谷町九丁目から浮気してきましたと書いておいてよかった。

レポありがとうございます。

行けなかった会の様子を教えていただけるのは
ホントにありがたいことです。
湖涼さん、いつもありがとうございます。

そういえば、イロリムラに引っ越した時も
宿替え後の数回は都合で行けなかったような…。
アタシ、宿替えに弱いんでしょうか?
↑これがアタシのジンクス?(笑)

べにてん in 雀のおやど

ぴーまさんへ

べにてんのお客さん、これから増えると良いですね。
トークを少し減らして落語にややシフトするみたいなので。
これから楽しみです。
 紅雀さん、トーク中に高津の落語会について
南天さんに尋ねてました。
紅「大喜利とか、どんな雰囲気なんですか」 
南「一日(いっぺん?)くらい来たらどうや」
紅「脇で見て嫉妬するだけだから行かないです~」
 本音は「紅雀の」にもう少しお客さん来てほしいんでしょう。
おや、紅雀さんの勉強会が浮気相手なんですね? ^m^


さきさんへ

久々に長めのレポを書かせてもらいました。
最近、克明にレポを書くことに疑問を持っていたので、
さきさんが欠席されるからということで、
これは、書きどきかなと思った次第です。
結局、長い文章を書くのが好きなんですね。
後で余分な文を削ったりする作業が面倒なんですが。
 次の宿替え時は是非、一回目からご参加を。^^
2年後くらいに引っ越す予感がします。(どこへ?)
ジンクス破っちゃいましょう。

キムチ

1キロで1000円はお得ですね!
キムチといえば、
雀喜さん&紅雀さんのコントユニット
「キムチチャーハン」を久々に見てみたいです(W

キムチチャーハン

キムチ、お得で良かったです。(^◇^)~♪

キムチチャーハンは、気楽堂でまだ一度しか
見たことがありません。またドSな紅雀さんを
見てみたいですね。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ