動楽亭昼席

2014年7月7日(月) 動物園前

桂 あおば 「みかん屋」
桂 まん我 「浮世床」
桂 わかば 「皿屋敷」
桂 米左  「住吉駕籠(半ばまで)」
~中入~
桂 紅雀  「いらちの愛宕詣り」
桂 千朝  「佐々木裁き」


いきなり、「こにゃにゃちわ(こんちわ!)」から
落語が始まって吃驚。そして道に迷って泣き出す。
「お前、愛宕とグルやろ!」も受けてたし、抑える所は
抑えていたと思うのですが、ややお疲れ気味だったかも?



あおばさん、マクラの滑舌が凄すぎて、
大丈夫かと思ったのですが、
落語に入ると、ほっとしました。
 やっぱり、ちょっと斑(まだら)ですね。
ええとこと、そうでないところが。
でも続けると、ええとこが増えそうな予感が
します。初めて聴いた「宿屋町」の良さを思えば。


まん我さん、西宮県議の話題性に(世間の人を
余りに笑わせているので)かないまへんなあ、と。
めいぷるで聴いた「浮世床」。やっぱり面白い。
割り木屋のおやっさんが、
「えらいことになってもた」と呟くたびに、
可笑しさがこみ上げました。これはツボです。
にこさん曰く、「えらいこと~」の台詞は、
めいぷるの時よりも増えていたとのこと。
私は、めいぷるの時のその台詞の記憶が
ありませんでした(汗)。非常に効果的な、
胸を打つ使い方です。


わかばさん、早口でちょっと
聞き取りづらいです。(アンケートに書けばよかった)。
「皿屋敷」は、弟弟子のひろばさんと、
テキストがけっこう違っているように思いました。
わかばさんの方が、ちょっと端折っているのかな?


米左さん。大きな声で吃驚するものの、
ちょっと時間が経てば、慣れて来てほっとしました。
紅雀さんの「住吉駕籠」は、一度しか
聴いたことが無いのですが、記憶を掘り起こすと、
間合いが、紅雀さんよりも短い、かもしれない。
 米朝さんの落語は映像の「崇徳院」しか聴いたことが無いのに、
(そんなことは無いと思うのだけれども、思い出せない)
ここ、そっくりかも! という表情があった。
への字口(やや口を開けて)笑うところ。
 衝撃を受けたのは、駕籠かきのボケの方が、
「へえ駕籠」と、通り過ぎようとする茶店のおやっさんに
話しかける時、追いすがるような仕草で、しつこさを出していた。
 私は、今まで、茶店のおやっさんが、機嫌が悪くて、
駕籠かきに八つ当たりしていたように感じることも、
多々あったので、「嫌なおっさんやなあ」と思っていた。
でも、米左さんの駕籠かき(ボケ)が、しつこそうに、
話しかけてきたので、そりゃおやっさんも怒るわ。
と、思った。これは凄い工夫かもしれない。
米朝さんは、やっていたのだろうか。
何となく、していない気がする。


中入り後は、紅雀さん。
いつもと髪型が違うように見えたのですが、
散髪屋さんを変えたのでしょうか。
寝不足気味か徹夜明けのように見えました。
(客席でこんなことを考えているのは
きっと私だけだろう)。
 前々から、何故、主人公が朝日に向かって
挨拶をするのか、ちょっと謎だったのですが、
(たぶん、枝雀さんもされていたように思う)。
これは、愛宕さんに話しかける時、
客席に違和感を抱かせないための伏線なのかも
しれない。
 内容は、色んな意味で切れてて良かったです。


トリは千朝さん。
実は、何年か前、動楽亭昼席で聴いた
「佐々木裁き」がとても面白くて、未だに、
それを超えるものを聴いたことがありません。
 今回は、二回目ということで、
かなり厳しい見方になってしまいました。
四郎吉は七才よりも十二才の方が
良いんじゃないかとか(理由はコメント欄参照)、
前見た時は、もっとシロちゃんは可愛かったように
思うとか。
 あと、キンヤ(サンゾウ?)が、
「一応、お取り調べを」と言う時、ぱぱっと、
面白い仕草をしてくれるのですが、
(これは千朝さんでしか見たことが無い)
前回は、それを見るたびに可笑しかったのに、
今回は、あれ? って感じでした。
仕草は徐々に強く誇張させていった方が、
いいんじゃないのかなあと、漠然と思いましたが、
何となく、噺の始めから肩に力が入った様子で、
それが原因なのかもしれません。
 紅雀さんがあの日の千朝さんを超える時が
果たして来るのでしょうか。
何となく、シロちゃんを可愛く演じたら良いのか、
意地悪に演じたら良いのか、そのはざまで揺れている
気がします。ええさじ加減が見つかれば良いのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

道に迷って泣き出してから
目的地がわかった瞬間の表情の変化が
印象に残りました。

千朝さんの佐々木裁きは四郎吉が7才という設定。
何か意図あってのことかもしれませんが
12~3のほうがしっくりくるような。
それから
「奉行はこれから砂利の数を読む、その方天へ行って星の数を数えてまいれ」
このやりとりがなかったのが残念。

しかし七夕をもぶっとばす西宮県議の話題性はすごい。

帰りの道中ありがとうございました。
時間忘れて電車乗るなんて久々でした。

こんにちは

紅雀さんの表情の変化に注目されたのは、
中々お目が高いですね。

四郎吉7才の設定は、
私も、彼の大人びた台詞と、
「十五に足らぬ小児でさえ」という
奉行の台詞から、12才くらいが良いと思います。

後で「天まで届く梯子を用意してください」って
いう台詞が出て来るところですよね。
梯子が無くても、お星さんの数は地上から
数えられるのでは、何て思ってしまいます。
厳密には無理ですが。ちょっとドライな発想でしょうか。

西宮県議の話題、
米左さんのマクラで笑ってしまいました。
ちゃんとニュースで見たことが無いのですが。

落語の話をしていると、時が経つのが早いですね。
またどこかでお会いしましょう。^o^
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ