上方落語考

昨日の読売新聞夕刊に、
染丸さんのコラム記事が載ってまして、
(実はちょっと前から連載しています)
「上方落語考」という本と出会った話でした。

上方落語の本と言えば、
前田勇先生しか思い浮かばなかったので、
知らない本があることにトキメキを覚えました。
宇井 無愁という人が書いたらしい。
さっそく図書館で取り寄せます。



どうか崇徳院について書いてありますように。
けっこう分厚い落語辞典本(原話が載ってるもの)でも、
無視されて載ってない時があるんですよね。



今のミツカンの味ぽんのCMに出ている、
唐沢さん、ちょっぴり落語してるみたいで、
いいなあと思います。
「味ぽん 1人トーク編」CM


芸能人が落語をするのは、あんまり好きじゃないんですが、
「落語っぽい!」って発見するのは好きです。

唐沢さんは、ちょっと変わった役の方が好きなので、
今までの味ぽんのCMは、
正直言ってがっかりしてました。
良いお父さん役でしかなくて。
 今回は、変な唐沢さんが少し出ているので、
このCMを作った人は唐沢さんのことを
よく分かっているなあと思いました。

大ファンって訳じゃないんですが、
「キャシャーン」っていう映画で、
悪役をしていて、それから凄い人だなと。
妹と一緒に見に行ったあとは、
しばらく、
「俺は見えん! 見えんぞォー!!」
っていう台詞がブームになってました。懐かしい

コメントの投稿

非公開コメント

宇井 無愁!

懐かしい名前が出てきたので、思わず反応してしましました。
宇井 無愁の著書では「日本の笑い話」を持ってました。
最初名前を聞いた時、ずいぶん昔の人っていう印象でしたが、昭和の人でした。
今日初めて思いついたんですが、これってフランス語のウイ ムッシュのパロディでしょうか!江戸川乱歩もエドガーアランポーでしたものね。
大正から昭和初期っていうのは、戦中とは違って結構モダンだったのかもしれませんね。

他にも落語関係の書籍をいっぱい持ってたのに、ほとんど処分してしまい、今では米朝全集ほか数点を残すのみです(>_<)
「醒酔笑」の原本を売っぱらってしまったのが、いまだに悔まれます(T_T)/~~~

青春の苦い思い出です(笑)

言われてみれば

宇井 無愁=ウイ ムッシュ ですね。
これってポアロの口癖でしたっけ?

大正時代の落語速記を読んだら、
英語のオンパレードで面白かったです。
定吉が「あのお嬢さんは若旦那にラブしてますよ」
ってな具合です。もっと難しい英語も使ってました。
 戦中は皆内心、前まで英語使ってたのになあと
思ってたんじゃないでしょうか。

捨てたものに限って、
後で後悔することが多いんですよね。
分かります、分かります。
 一昨年の年末に万屋小兵衛の資料を捨ててしまって、
一から揃えるの、大変でした。
と言っても、司書さんに手伝ってもらったものも
あるんですが。

「日本の笑い話」もチェックしときます(^^)。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ