第14回 紅雀の

2014年6月12日(木) 鶴橋・雀のお宿

桂 紅雀   「狸の賽」
桂 吉の丞 「遊山船」
桂 米紫   「あくび指南」
桂 紅雀   「肝つぶし」


狸が最後に化けたのは何とイチゴでした。衝撃
吉の丞さん、テンポが良い。くすぐりも良い。あと五ミリ何か欲しい。
米紫兄さんは、ダークホース過ぎて吹き倒しました。
肝つぶしは、思いの外、丁寧なテキストで渋かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。だいぶ以前に書き込みをさせて頂いたころこです。今回帰国の時期とうまく合ったので、「紅雀の」を予約し楽しみにしていたのですが、鶴橋で迷ってしまい、大遅刻。まさか一席目も紅雀さんだったとは。残念なことに「狸の賽」はサゲしか聴けず、自分の失態が情けなかったです。「肝つぶし」良かったですね。ちなみに湖涼さんはお着物を着てらした素敵な方でしょうか。

こんばんは

鶴橋で迷われましたか(>_<)
私も初めて来たときは物凄く迷いました。
 紅雀さんの狸賽に間に合わず残念でしたね。
噺の冒頭で、子狸が自分の好きなものに化ける場面がありまして、サゲ前に、主人公が「どんな目が出ても自分のもうけになるから、好きなやつ(賽の目)出してくれ」と言ったら、サゲの果物になってたというものです。
 肝つぶしは、今まで聴いた人の中で一番丁寧なテキストで、ずっとテキスト萌えになってました(笑)。
 私は着物を持ってませんので^^;、昨日会場に花を添えたお嬢さん
方ではありません。ころこさんは、最後に紅雀さんと写真を撮ってた方ですか? 

No title

ご明察です。お恥ずかしい。こちらの見立ては見事ハズレてしまうし。
狸賽の詳細ありがとうございました。
8月の繁昌亭での二人会、行きたかったです。
こちらでのご報告を心待ちにしています。

繁昌亭の二人会

ひょっとしたらと思っていたのですが、
そうでしたか。
写真待ちされているとは露知らず、
紅雀さんと喋ってしまいすみません(汗)。
話してた二人の内、一人が私です。

8月の繁昌亭のレポ、張り切って書かせてもらいます。^^
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ