第1回 阿か枝 噺の会

2014年5月31日(土)南森町・繁昌亭

桂 福丸   「月並丁稚」
桂 阿か枝  「青菜」
桂 紅雀   「花色木綿」
桂 阿か枝  「軽業講釈」
~中入~
桂 阿か枝  「猫の忠信」


久々の阿か枝さんの落語でした。
「紅雀の」でゲストの時に聴いて以来です。
ちょっと見ない間に男前になってて吃驚。
落語三席たっぷり楽しみました。(^^)/勿論、紅雀さんも!

※今のところ阿か枝さんの噺の感想しか書いてません



物凄く忘れそうなので、メモ。
「猫の忠信」、五代目松鶴さんのを五代目文枝さんが
引き継いでいるとしたら、こんな感じ。
林家正楽→五代目松鶴→五代目文枝→阿か枝

五代目が若い頃、神戸の寄席に行くことになって、
その地の同業者からイケズされ、
五代目が席に出る前に笑福亭のネタばかりやられた。
他に出すネタがお酒系しか無いので、
義父(正楽)に笑福亭以外のネタをつけてもらったそう。
その一つが「猫忠」。

正楽のDNAが阿か枝さんにも流れてたら良いなあと
時々そんなことが頭によぎった。


恐らく忘れないであろうこと

常吉の寝起きの場面、
米朝一門の人は、
「とうとう起こしてしまいよった」
そんな風な台詞を言って、伸びと同時にあくびをする。
その間、常吉のイケメンオーラが凄く出過ぎて、
ちょっと苦手だった。

阿か枝さんのは違った。
常吉が起きて、何か言ったかもしれないが、
すぐに障子を開けて、
「やかましい(じゃかましい?)」と一喝。
イケメンオーラを出す間が無くて、
個人的には凄く良く感じた。
 ただその後も、一喝する台詞が二三度あり、
(おそらく、多分)
男の人の怒鳴り声が苦手なので、
若干柔らかくした声がいいなあと思った。

テキスト自体は、
米朝一門よりあっさりしている。

猫の正体が露わになった時は、
物凄く本格的に歌舞伎を写しているように感じた。
サゲの「にあう」も、猫の「にゃう」の声に近い印象。
五代目もそうしていたのだろうか。
個人的には、もう少し肩の力を抜いてやって欲しい気もする。
歌舞伎のパロディの場面なので、
洒落っ気オーラをもっと感じれたら。


忘れそうでハラハラする、
でも忘れてはいけないと思うこと

「青菜」のテキストが
南天さんにとても似ていた。
手を器に見立てる→頭は布巾(ふっきん)の台詞がある。
(紅雀さんは恐らくこのくだりをしない)

お風呂のタイルを何枚も割るという台詞もあり。
(紅雀さんはやってたかなあ?)

ただ、主人公が家に帰る手前の
道中の描写が無い。つまり、
「この角を曲がったら温い風が来る」
「洗濯物がタライに入れっぱなし」等の台詞が無い。


あと、おからが古くなってる描写も無かった。
「腸チビス」「あんけらそ(?)」の台詞あり。
これは師匠から引き継いでそう。
同年代の噺家さんの青菜より、
シンプルでやや古風なテキスト、かもしれない。

主人公の妻が、床に手をつけず、
腰に手を当てて話しているのが可笑しかった。
これはちょっと新しめのくすぐりだと思う。何となく。

押し入れから出てくるところは、
布団が落ちてきたり、蜘蛛の巣が顔についたり
はしない。シンプルなテキストも良いなあと感じた。
二回は汗まみれ。一回目も少し汗をかいている描写が
欲しかった気もする。
 笑いの多い一席で、
男の子(多分)の笑い声がよく響いていた。


「軽業講釈」は、
以前、鯛蔵さんのを聴いた気がする。
だから、二回目だと思う。
 「かるわざァ~ッ、か~るわざァ~~ッ」
って怒鳴る講釈のセンセが面白い。
(ここの怒鳴り声は良いのか…)
最後に叫んだ場面は最後、客席から拍手があった。

軽業師の足(ピースを逆さまにして歩かせる)
が綱から落ちそうになった時、
思わず「危ない」と言ってしまった。

噺の前半、
催し物で賑やかな境内にいる人たちの描写が
三人くらい立て続けに出てくるが最後の一人が分からない。
「野崎詣り」でも道中を行く人たちの描写が入るが、
それは全部分かるだけに悔しい。
扇子を広げて、扇子の方向を変えずに、そのまま
それを首の後ろにあてる。首は若干前のめり。
君は一体誰なんだ。

サゲは、全く忘れていて、
鯛蔵さんのと同じかどうかも分からないが、
「悪事千里を走る」とかそんな台詞だった。
走り回っていた人たちを見ていた客席も
ほっと落ち着く、良いサゲだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

悪事千里を走るじゃないですか(^_^;)
軽業講釈は、五代目文枝が復活させたそうですよ!ニコ動に上がってる音源もを聴きましたが、阿か枝さんソックリでした。というか、阿か枝さんが師匠にソックリなんですけどね(笑)
唯一ネットに上がってるこの音源では、売り声の件を語ってないので、あの扇子の件がなんだったのか、私にも分かりませんでした(>_<)

青菜のアンケラソーや腸チビスの件、私が昔聴いていたときの懐かしい香りがしました(^.^)

千里でした

サゲ間違ってないかなあと
思って「上方落語メモ」を見に行ったんです。
その軽業講釈のページを見て私は、
合ってる合ってる♪ と思いました。
合ってないやん! まさしく節穴です

とある方から、音源を頂いたので、
多分、それで扇の謎は解けると思います。

今日、『上方はなし』の軽業講釈をチラッと
読んだのですが、綱渡りで片足落ちる場面が
無かったんです。文枝さんが作ったのでしょうか。

マクラもたっぷり語ってくれて、
充実した会のように思いました。
「紅雀の」でゲストに来たときは思ったほどマクラを
話さなかったように思うので、嬉しかったです。(^^)

悪事千里を走る

悪事千里を走る。
「いいことはなかなか伝わらないけど、悪いことはすぐに広まる」みたいな!
一応、ことわざですので、慣用句として覚えておいていただければ(笑)

扇子の謎が解けそうなんですね。
わかったら、ぜひ教えてください。

解けませんでした

音源を頂いたので、てっきり謎が解けるものかと
思ったのですが(苦笑)。
早とちりして解けそうとか言ってすみません。

悪事千里を走るって、現代でも
使えそうな言葉ですね。

ところで、ぴーまさんの聴いた音源と
私が人さんから頂いた音源が、年代や出版元が違うので、
聴き比べたら面白かったですよ。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ