安治川

今日、図書館で何気なく開いた本で、
安治川(あじかわ)という字が目に入りました。

実在したんですね。

紅雀さんが「崇徳院」で、
鉄砲撃つ方なら池田へ行かなあかんし、
魚獲る方ならアジ川へ行かなあかん、と言ったように
聞えたので、私の聞き間違いかと思ってました。



安治川って、他の落語に出てくることが
あるんでしょうか?
ここで魚が沢山獲れたのかなあ。
崇徳院では、聴いたことが無い固有名詞です。

大阪市西区、大阪湾に流れる手前の川。
九条駅が近くにあって。
安治川のグーグル地図はこちら

こういうのって、
上方落語メモで、サイト内検索したら
出てくるんでしょうね。



東海道中膝栗毛を、
大坂編辺りだけ、チラ見していたのですが、
(誰か現代語訳出してください…)
二人か三人しか居ないのに、
宿屋の亭主が「47人いる」と勘違いして、
慌ててしまうという場面がありまして。

これって、三人しか居ないのに、
宿屋の亭主「何人さんで?」
主人公「しじゅう三人や」
宿屋の亭主「43人!」
って言う『宿屋仇』に似てますね。


膝栗毛の冒頭も、『持参金』っぽいやり取りが
あったような。
十返舎一九は落語本も出してますが、
くすぐりを出したのは、どっちが先なんでしょうか。
何となく、落語を聴いて一九が、使えるなあと、
思った気もするのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

安治川

「口入屋」

番頭さんが丁稚に早く寝させようとする時に
寝ない丁稚に対して
「今から安治川に荷出し行ってもらおか?」と言う場面が有りますね。

口入屋の安治川!

早速、上方メモで検索されたのかなと
思ったら、口入屋は出て来ませんでした。
凄い記憶力ですね。
紅雀さんの口入屋で、そういう台詞あったかなあ。

さっき検索したら、思ったより沢山出てきたので、
(日和違い、借家怪談、三年酒、棟梁の遊び、脱線車掌)
落語の中では(?)メジャーな川みたいですね。

借家怪談

上方落語メモでは
鶴志さんでは、家主さんは「安治川三丁目」ですね
三喬さんで聞いた時は「河内の狭山」でした

「口入屋」は、米朝師匠の音源で確認しました

安治川といえば「安治川トンネル」が有名ですね
http://www5b.biglobe.ne.jp/~slycrow/myweb/ajikawa.htm

安治川トンネル

川の下にトンネルがあるんですか。
そういう技術って海峡とか青函くらいしか
思いつかないのですが、川にも使われてるんですね。

安治川の荷出し、まさか
米朝さんの口入屋の番頭さんだったとは。
米二さんは、布団に入って勉強しようとしている定吉に、
勉強せんでええって言ってたように思います。
(だいぶ前に聴いたので記憶が怪しいですが)
色んな言い方があるんですね。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ