感想と「昔の人は偉かった」

第13回「紅雀の」会の感想、書けました。

落語会の感想は、文章が長くなったので、
あちこち削ったのですが、それでも長いです。
以前、読んでいるとしんどくなるくらい長い、
と言われました。
気分が悪くなったら休憩してくださいね。^^;



今、我が家でブームになっているのは、
『ちちんぷいぷい』というTV番組の、
「昔の人は偉かった」というコーナーです。
(南天さんがナレーションをしています)

今日も母は、出かけるので、
録画予約をしていきました。

何が面白いのかというと、
喜六清八の生まれ変わりとしか思えない二人が、
日の出から日没まで、ただひたすら、
古道を歩いて、神社仏閣をめぐっているところです。

清八は、河田アナウンサー。
神社仏閣や古道の歴史を話してくれます。
しっかり者ですが、疲れがピークになると、
ちょっとダークキャラになります(笑)。

喜六は、くっすん、というタレントさん。
(はじめアナウンサーかと思ってました)。
この人が凄くって、夕方になると必ず
へばって弱音を吐きます。付け根が痛いと。
あと、物凄い天然で言動が全く読めません。
疲れがピークになっているのに走り出したりとか。
でも、涙もろくて、動物に優しい?らしい。

本当に、くっすんのキャラがツボ過ぎて、
早くDVD出て、世に広まらないかなあと思います。
彼は本当に、喜六の生まれ変わりだと思います。
こんなに頼んないのに、
ちゃんと奥さんゲットして子供さん(2~3人)まで居ます。

まあ、私の中の喜六は、
紅雀さんの喜六が基準なので、
もう少し、博打が好きそうで、女にデレデレしないと、
ダメなんですけどね。


何はともあれ、
まったりしたコーナーなので、
本当にお勧めです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ