紅雀のきらめき落語会

2011年2月19日(土)

桂 二乗  「正月丁稚」
桂 ちょうば「ハンカチ」(2丁拳銃・小堀作)
桂 紅雀  「くしゃみ講釈」


落語会が立て続けにあって、感想が追いつきません(汗)
先ほど、やっと月末亭の感想を書き終わりました。

今日の落語会は、三人皆面白い、充実した会でした。
紅雀さんの「くしゃみ講釈」今回は、前半もばっちり^^
何となく胸のつかえが取れました。
SAYAKAホールの大会議室にて。9割くらいの入りでした。

二乗さんは、去年の夏以来。確か「ろくろ首」で、その時も妹と一緒に聴いてました。猫がじゃれつくところが楽しくて、思わず妹と顔を見合わせてしまった良い思い出です。この日の二乗さん、前座ながらマクラも噺もたっぷりと。3席しかない落語会への配慮でしょうか^^。少し時期外れになりますが、お正月の噺をしようと思いますと言って、初詣に行かれたマクラを語ってくれました。大晦日の晩に近所の神社へ行くと、何と閉まっていたそうです。「正月丁稚」は初めて聴くお話。定吉の活躍っぷりが楽しいです。お正月の雰囲気がよく伝わってきました。年賀状の代わりに名刺を配って歩く場面や、井戸にお正月の挨拶をする場面が面白かったです。江戸時代の匂いがする噺の中で、小芋が転がった所で「大脱走」と。正月早々へまをする丁稚をわざわざ名刺配りに同行させるなんて、旦那さんが余りに定吉に構うので隠し子なのかなと思ったり(それか夭折した孫に似ているとか)。会社の会長とアルバイトの見習いくらい住む世界が違うはずなので、実際はこんなに沢山会話を交わせたのかなあと。まあ不出来な子ほど可愛いと言いますが…。ほんの少しだけ出てきた番頭さん、クールで有能な感じがとても出ていて、定吉と一緒にいた方が確かに飽きないかも、何て思ってしまいました。


ちょうばさんは、全く初めての噺家さんです。写真で見るよりずっと男前^^。結婚されていて、バレンタインデー前に奥さまからどういうチョコが良いのか訊かれたらしいのですが、当日はスタッフの人や会社の人から沢山義理チョコをもらうと踏んで「食べきれんし、いらん」と断ったそうです(なんとまあ)。ところが予想をずっとずっと下回るチョコの数で、何の心配やったんやと(笑)。マクラを割りと自然体で語ってくれるので、こちらも肩の力が程よく抜けます(^^)。「ハンカチ」はタイトルだけ知っていました。新作落語です。奥さんが一方的に怒って、旦那さんがむすっとする所から話が始まります。夫婦のやり取りが面白かったです。この噺のキモは、旦那さんの親友「きょうやん」の存在。二人の仲を取り持つのに、大変な苦労しています(笑)。それから、コンテストで「杏奈」?の歌を歌った男の人がめっちゃ可笑しかったです。歌う前から笑ってしまいました。ちょうばさんはマイクを持って立っているだけなんですけど…。あれが面白いオーラなんでしょうか。私はすっかり三枝さんの作った噺だと思っていたのですが、違いました。漫才師の方が作った噺で、しかも賞を取ったものらしいです(もずさん、情報有難うございました^^)。


紅雀さん、神戸屋のパンのマクラと、SAYAKAホールのある大阪狭山市からけっこう近いところに住んでいます、と地名を言って会場から「ほぉ~」という声が上がりました。後輩二人が全力で(たぶん)ハードルを上げてきたので、見ている方はハラハラしていましたが、通常運転+αな紅雀さんで一安心。くしゃみ講釈は、5回目。1回目は09年の独演会で、2回目は11月の由瓶さんの会でした。この時は、まだホエーイの大合唱は入っていなかったように思うのですが、そのくすぐりの存在に気付いたのは3回目の10年7月ひろばさんをしごく会で、八百屋の前でからくりを歌う主人公を見に集まってきた野次馬と一緒に、からくりの掛け声を歌うというものです。何となく、落語に出てくるアホは、世の中から一つ外れていて、だからこそ面白く笑えるのではないか、世の中の共感を得てしまうのはアレンジのしすぎではと、去年の夏から悶々としていました(汗)。思い返せば、紅雀さんの表現するアホな主人公って、周囲の人間に凄く受け入れられている傾向にあるのかも。17日の雀の学校でも、このくすぐりの場面で胸に杭を打たれるような思いをしたのですが(大げさやわ~^^;<そしてアンケートに書く何様な自分に自己嫌悪)、不思議とこの19日は、そのくすぐりが、するっと食道を通りまして。八百屋さんの「いつまで暴れとんねん」(うろ覚え)というホエーイな主人公への突っ込みで、自然と笑えたんです。私に免疫がやっとついたのかどうかはちょっと分からないのですが、一つだけはっきりしているのは、紅雀さんの落語ってほんまに生モンやなあということです。一度出したら、二度と同じものが出せない、これは他の噺家さんも同じですが、紅雀さんは特にぶれが大きい人だと思います。当たると、苦手だなあと思っているものまで受け入れさせる力を発揮します。外れると…めっちゃ落ち込むのですが、そうでなければ紅雀さんじゃないかとまで思うようになりました(悟り?)。会心の一撃を連発すると早死にするかもしれませんからね…(むしろ私の方が)。余りくしゃみ講釈の感想になっていなくてすみません。全体的にはサゲの直前までくしゃみを入れる等の工夫もあり、17日より凄く良かったのですが、講釈の場面ばかりは譲れず17日の方に一票を投じます。
メモ:主人公が振られた後の台詞は「クソーッ(糞)」。こっちの方が好きです^^


 会が終わった後、もずさんも先に帰られる程とろとろとアンケートを書いていたのですが、会場の入り口でお客さんのお見送りをしていた紅雀さんから「同じネタやってすみません」と、遠くから声がしました(大汗)。妹が「紅雀さん何であんな事言うん?」と聞いてきたので、「17日もくしゃみやったから^^;」と答えると、「なんぼほど通とるねん(笑)」と。その時は、ほぼアンケートを書き終わっていたので、慌てて会場の入り口に向かうと、紅雀さんは既に姿を消していました。話しかけられて嬉しかったのですが、けっこうショックが大きかったみたいで、翌日、一週間以上早くお腹が痛い日を迎えてしまい、一日中寝込んでいました。もはや生物兵器の域ですね

※2011年02月26日(土)感想入力終了

コメントの投稿

非公開コメント

紅雀さんがマクラを言っておられる時、彼の視線が貴女の方をチラチラ見ている気配を感じました。貴女の存在を確認してから、くっしゃみをされた気がします。という事は、17日の出来が自分でも気に入らず、リベンジの模様を貴女に見て欲しくて、あえてくっしゃみをしたのかな なんて、考えてしまいました。←これって考えすぎですかね。ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ
私はアバウトなので、17日に見学していても、不出来とは思わなかったかも知れません。貴女のように厳しい(?)ファンを持つのも、噺家さんにとって良い事です。(*´∀`)ニヤニヤ

もずさんへ

 くしゃみ講釈はリベンジしてくるかも、と思っていましたが、私のためというよりご自身のためでしょうね^^;。くしゃみ講釈は長講ネタですし、トリをつとめる機会が少ない紅雀さんにとっては、今出さずに何時出すのかと言える噺だと思います。09年の独演会以降、得意ネタにさせるべく成長させた噺を、17日で思うように出来なかったのは悔しかっただろうなあと勝手に想像(笑)。不出来というか、ちょっと焦ってるなあという感じでした。テンパっている紅雀さんを見ているだけで充分可笑しいのですが(悪いファンやわ)、ご本人からすれば不本意だっただろうと思います。17日は、講釈する場面だけでも、もずさんに聴いて欲しかったです(>_<)。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ