7月9日の動楽亭昼席

2013年7月9日(火) 動物園前

桂 鞠輔   「始末の極意」・・・すごくはきはきと声が出ていて好印象
桂 ちょうば 「京の茶漬」・・・・文三さんとは違った若い味わい
桂 紅雀   「花色木綿」・・・・自転車泥棒のマクラに泥棒のネタ
桂 米左   「三十石 夢の通い路」・・・これは最早、独演会級
~中入り~
桂 米輔   「道具屋」・・・・・とてもににこやかにお話しされていた
桂 ざこば  「崇徳院」・・・・・苦手なくすぐりが師匠だと氷解


実は終演後、楽屋から大声が聞こえてきて、
何だか気が滅入ってしまいました…。



この日は、ソニーボーイでオムライス(昼食)を食べてから動楽亭へ。
凄い日差しで、裏通りを半分くらい歩きました。

開場前、動楽亭前で並んで暑そうにしていると、
前に並んでいる方が、扇子を貸してくれました。
噺家さんのサイン入りの扇子で、吃驚しました。
方正さんと、天使さんと・・・遊っていう名前の付く噺家さんのサインです(^^;)<遊方さん?

お客さんの入りは、そこそこ。
平日にしては多い気もしました。若い人の比率がいつもより若干高かった気がします。


開口一番は、鞠輔さん。
いきなりお客さんから、大入り袋が!
この日の鞠輔さん、前髪は皆上げて、すっきりしたおでこが可愛い。
声も以前より、大きく出ていると思いました。
始末の極意は、紅雀さんのより、ちょっと詳しい部分も。
梅干のくだりで、「朝は皮を食べて、昼は身を食べて…」という台詞が入りました。
で、その後、「勿体無い!」と相手側が言って、「梅干は食べるもんやない、見るもんや」と。
対比の問題なんでしょうか。「朝は皮を食べて…」という台詞が入っただけで、
相手側のけちんぼう度が際立ちます。紅雀さんも「朝は~」って言ってほしい(願望)。
 はきはきした声で、落語の情景が、以前よりずっと頭に浮かびました。
まだ声を前に出そうという意識が強いのか、前のめりで話されることが多く、
強弱をつけるというか、少し引いた小さな声も欲しいなあと、思うように。
特に相手側は、主人公より年上なので、余裕を見せた引きの声が欲しいです。
 主人公が「この部屋、真っ暗でんな」といった台詞では、
紅雀さんの方が、やはり、闇が深く想像できる言い方です。闇を見る目つきも違いますね。
 気になったのはそれくらで、大きく進歩されたように感じた一席に満足しました。


お次は、ちょうばさん。
お決まりの、大入り袋の催促を(笑)。この日、鞠輔さん以外はもらえなかったです。
京都出身で、一人っ子で、血液型まで言うと、周りから引かれてしまう、と。
「お茶漬けでもどうどすか?」 という有名な京都の愛想言葉が出てきまして、
「京の茶漬」を。この間は「皿屋敷」を見て、古典噺なんだけど、コミカルなしぐさや、
現代ネタを入れるなど、新作色が強く出ているように感じましたが、今回は、
意外と、古典を聴いている印象を受けました。「ジャズ」のところも、新しいくすぐりで、
新作っぽいまで思わなかったですね。
 文三さんの「京の茶漬」と、だいぶ趣が異なり、
本当に主人公の性格が違って見えて面白かったです。
「京都でほんまに茶漬け食ったろ」と思いつくところまで一緒なのに。
相手側の奥さんとのやり取り(駆け引き)は、噺家さんの個性がより出るところなので、
そこの違いなんでしょうか。
 ちょうばさん、やっぱりまだお若い。文三さんは、ベテランの領域に足を踏み込んでいます。
でも、若いときにしか出ない良さ、勢いであったり、思い切りやっている感じは、
ベテランさんには無い味わいがあって、良いなあと思いました。
ちゃんと噺をやりこんで話されているから、そういう所に目が行くんでしょうね。
「京の茶漬け」のサゲは、仕草オチというのでしょうか、
落語っていいなあと、改めて思いました。文三さんの時は、初めて見たので、
そう思う余裕が無かったですね。兎に角、前歯に詰まったお米を取る仕草が強烈過ぎて。


お次は、紅雀さん。
いつもより出囃子が長く聴こえるなあとウキウキしてたら、
鞠輔さんが見台を運んでくる時間で、長かったんですね。
見台が出てくると、出囃子が長くなる…今日初めて気付きました。
紅雀さんの出囃子は、三味線の方によってテンポや響きが違うので、聞いていて面白いです。
この日は、ゆったりはんなりした感じでした。
 マクラは、自転車泥棒の話を。最近起こった事件のようです。
「皆さん、分かりますか?」と、少々入り組んだ泥棒の手口を説明してました。
マクラが長めだったので、ネタを途中で切られるのかなと思いましたが、最後まで。
「花色木綿」でした。
何だか、途中から私の集中力が切れて、話ではなく、紅雀さんの動きを見てました。(><)
今の紅雀さんを見れるのは今だけなんだなあと、凄いこと考えてました。
何かが飛んだか、順番が入れ替わったような気がするのですが、確かめる気はありません。
 声がいつもより大きめでしたね。


お次は、米左さん。
以前は、小拍子を鳴らす音が大きいのが気になりましたが、
この日は気になりませんでした。噺の中に溶け込んでいる感じで。
まん我さんの三十石と比べると、細部が違いますね。
やっぱり別の師匠からそれぞれお稽古をつけてもらったように思います。
意外だなあと思ったのは、米左さん、艶笑部分をノリノリでやってたこと(笑)。
あそこは、ちょっとでも照れたらお終いな気がしますが。
まん我さんよりエロティックに感じました。
船歌のくだりは、聴きなれない部分もありまして、くるくると~♪
っていうところが無かったような気がします。好きな部分をチョイスして唄っているのかな。
 それにしても、大迫力な一席でした。
ちょっと声が大きいかなあとも思いましたが…。
思い返せば、鞠輔ちゃんからずっと皆いつもより声が大きい気がしますね。


中入り後は、米輔さん。
マクラは小咄風のものを。アホが何人居たらこうなる、という鉄板ものでした。
これ、二葉さんでも聴いたなあと思いまして、箒を振り回す仕草を見て懐かしく思いました。
この間は(ずっと前ですが)星を落として床の間に飾るって、米輔さんが言ったような気がするのですが、
あれは私の幻聴だったのでしょうか。この日は言いませんでした。
 ネタは「道具屋」で、聴くのは二度目か三度目です。以前聴いた時よりも、
何だかとてもにこやかで、楽しそうにお話されているなあと思ったことがとても印象的でした。
こうなると、聴いている方も想像するのが楽しくなってくるから不思議です。
後半はやや失速した感じもありましたが、米輔さんの新たな一面が見れたような、
そんな気がした一席でした。
追記:紅雀さんの「道具屋」と、色々違うくすぐりもあって、出てくるたびに「おー!」って
思ってしまいました。谷文晁って言ってましたね。それから、スタンドを買い求めるのは男の人で、
最後に吹っかける笛の値段が円単位でした。時代設定は、ちょい古めです。


お次は、ざこばさん。
マクラは、最近、眼科の女医さんに恋をしている、というもの。
口調がややきつめで、クールにざこばさんをかわすところが、良いのだそうです。
ざこばさんも、マクラとネタが繋がっていないことが多いように思うので、
まさか、崇徳院が来るとは思っても居ませんでした。
 実は、落語日記さんから、ざこばさんが恐らくお若い時分の「崇徳院」の音源を
頂いておりまして、今回、何と聴き比べることが出来ました。
ご本人の音源と聴き比べるなんて凄い!(興奮)
 過去のざこばさんの崇徳院は、米朝師匠と、枝雀さんの崇徳院の間のような印象で、
ご自身に合うように上手く織り合わせて練られたテキストのように感じました。
 この日聴いた「崇徳院」は、枝雀さんのテキストが薄れ、
ぐっと米朝師匠のテキストに近づいた感じ。
それもまた、ざこばさんの味がよく出ていて良かったです。
熊五郎の性格が、やっぱり違うように思いましたし、
(ちょっと、あかんたれなところがあって、可愛かったです)、
噺の印象も、米朝師匠はしゅっとしてるけど、ざこばさんは、ごつごつと丸くて、
もっちゃりした感じ。
 聴いていて、一番、よっしゃ! と思ったのは
旦那さんの「分からんと言うたかて、日本人やろ? 」という台詞。
これは他の噺家さんで聴くたびに、冷たく感じて、
近い将来、このくすぐりが消滅しますようにと、祈るほどでした。
ざこばさんも、この台詞を言いました。
でも、旦那さんが、眉間に手を当てて、一瞬悩んだ仕草を見せたんですね。
熊五郎の「相手のお嬢さんが何処の誰だか、全く見当が付かない」という台詞を受けて、
その仕草を入れ、「分からんと言うたかて~」と言ったんです。
これには、しびれました。旦那さんの苦悩が伝わってきたからです。
旦那さんも無茶なことを言っているのだと承知しているのだと。
お金持ちのワガママで言った台詞ではなかったんです。
 それから、熊五郎のお上さんが、疲れた熊五郎をねぎらって、
「そやけど、あんた、どうやってお嬢さんを探してたんや? 」という台詞。
ここも違和感無かったです。同情を寄せすぎると、「そやけど」っていう言葉が、
急にクールな響きを持ってしまい、噺の継ぎ目が粗く見えてきやすい所。
米朝さんもそうでしたが、ざこばさんも、お上さんのねぎらう言葉が、ごくあっさりしていて、
「そやけど~」っていう話題の転換に違和感を感じにくかったです。
 最近は、お上さんのねぎらう言葉に力が入っている噺家さんが多いように思いますが、
(それを逆手に、熊五郎がヘマしたという告白を誘う手もあります)
ざこばさんくらいのベテランさんになると、熱い演技でお客さんの目を奪うよりも、
あっさりした口調でお客さんに深く聴かせることが出来るのだなあと思いました。
表面はクールだけど、中身は熱い。これがベテランさんの渋さです。
若手は意外と、逆だったりして。
 サゲは、恐らく、お若い頃は「サゲ無し」だったように思います。
(私の勘違いだったらすみません)。
この日は、サゲ有りでした。熊五郎と棟梁風の男が取っ組み合って、
手に何かあたって(うろ覚え)、その何かが、花瓶に当たって割れた、と言っていたような。
 サゲで三文字抜けてしまいましたが、
私は完璧な落語を求めていません。落語ににじみ出る人間性を見たいからです。
むしろミスが出てから、いかにカバーやフォローするのかが、見所だと思っています。
そっちの方が、断然面白い。
ざこばさんが、いつもより丁寧に、お客さんに終演のご挨拶を仰っていただけに、
楽屋から聞こえてきた声は残念でした。まあ、聴こえていないお客さんも居たようだし、
私はそういうめぐり合わせだったのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
私も9日動楽亭に行ってましたが
終演後何かあったのですか?
私は米二師の会がある鶴橋へ向かうべく、すぐに会場を出ました。

この日は大入り袋が出たり携帯が鳴ったりといろいろありましたね。
ちなみに8日の紅雀さんは「向う付け」でした。

色々あるね

動楽亭は、楽屋が近いだけ、嫌なこともおもろいことも、色々あるね。

はじめまして&こんばんは

8日の紅雀さんの演目、
教えていただき有難うございました。
どなたか教えてくれないかなあと思っていたところで、
本当に嬉しく思います。^^

9日の終演後は、楽屋からざこばさんの怒った声が聞こえてきました。
何だか悲しみのこもった声でした。

ぴーまさん、お察しのほど有難うございます。><

ありがとうございます

ざこばさん、サゲをとちってはったので
イラついていたんですかね。

紅雀さんは音声でしか聴いたことがなかったのですが
生で見ると表情豊かでパワフルな高座ですね。
目と眉毛の動きがすごい印象に残りました。

広がる輪

9日(火)の動楽亭
名乗るほどの者でゎござらぬさん
行かれてたんですね
友達も行ってましたんよ
言われてました
最後の最後にざこばさんのド忘れがあった~と
そのあとの繁昌亭夜席でご一緒させてもらい聞かせてもらいました

誰かが犠牲者になってたりしてね

紅雀さんでないことを祈ります

こんばんは

名乗るものではござらんさんへ

本当に仰るとおりで、その一語に尽きると思います。

紅雀さんを生で初めてご覧になったとのこと、
良かったら鶴橋の勉強会を覗きに来てください。^^
動楽亭の紅雀さんとはまた違った一面(もっと濃い感じ)が
見れますよ。濃すぎて眩暈を起こしたらすみません。

親父ママさんへ

お友達からお聞きになったそうで、
動楽亭に居らずとも、ご存知の方はご存知なのだなあと
思いました。たった3文字なんですが、ほんと残念です。
紅雀さんが犠牲になっていたら・・・(ToT)
想像するだけで泣けてきます。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ