米紫紅雀ふたり会

2013年5月9日(木) 繁昌亭

桂 二乗 「強情灸」 ちょっと見ない間に妻帯者の匂いがプンプンしてて衝撃(落語の感想とちゃうやん)
桂 米紫 「上燗屋」 店主が米紫さんとかぶる(笑) そして酔客「ここまでやったら怒るんや」
桂 紅雀 「宿替」  マクラで時間オーバー。ご家族で吉野の桜を見に行った話を。ネタは端折りぎみ。
~中入り~
桂 紅雀 「花色木綿」 久々。やり慣れた感じにコレコレ! こちらはサゲまでたっぷりめ。
桂 米紫 「皿屋敷」 お菊さんがイマドキのアイドルっぽくて受けました。「嫌いにならないで下さい」って元ネタ知らないのに可笑しかった。実験的に出してみた感じがしたけど、続行して欲しいです。咳は間にもう少し挟んだ方がいいかも。それともお菊さんは彼氏とデートするつもりで休むつもりだったのだろうか(妄想)。


お客さんが吃驚するくらい少なかったです(今回の一番の感想)。
次回は自由席にして欲しい。あれだけ席が空いているのに、好きな席を選べないなんて。
指定席は、完売確実な会向けなんだなあと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

感想返しその1

「強情灸」そんなに妻帯者の匂いしてましたか!幸せそうではあったなぁ。
「上燗屋」『ここまでやったら怒るんや』は私も好き。この人ほんまに酔うてるんやろか?
「宿替」おっしゃるとおり、端折り気味でちょっと残念。吉野のマクラもべにてんではもっと炸裂してた。
やっぱり、繁昌亭のプレッシャーなのか?それとも、繁昌亭の追加料金へのプレッシャーか?
「花色木綿」モーニングに『紋がついてましてん』っていう、嬉しそうな表情が好き!
「皿屋敷」前半の震えるような緊張感~の、後半のグダグダが楽しい。
お菊さん、最後まであの喋り方だったんで、だんだん前田敦子!もとい、きんたろうに見えてきた。
ホンマに少なくて残念でした。やっぱりお客さんが多い方が、笑いも増幅されるから。
次回は、自由席(案)もいいけど、集客がんばらんとね。

ぴーまさんへ 感想の追加

 吉野の桜のマクラ、べにてんでも言ってたんですね。やっぱり出来立てのフレッシュな時の方がマクラは面白い気がします。「宿替」は、重たい荷物を背負って持ち上げようとする時の表情が、以前より面白い顔になっているなあと思いました。繁昌亭のプレッシャーとうよりは、追加料金のプレッシャーじゃないかと思います(笑)。Bチームの時は、もっと伸び伸びしていたように思うのですが、こちらの会は出演者が多く、追加料金が出ても割り勘すればどうってことないと思ってたんでしょうか。
 「皿屋敷」はひろばさんやまん我さんで聴いていますが、怪談部分は米紫さんよりも陰が濃かったように思います。人情噺でも聴かせてくれる人ですが基本的には「陽」の気が強いのかなあなんて思いました。上燗屋でもひろばさんより店内が明るく感じましたよ。
 紅雀さんは、長いマクラを振らないとエンジンが掛らない人なので(多分)(マクラが短いとネタの途中からエンジンが掛るように思います)、端折った「宿替」も本筋には関係ない部分を落としましたし、凝縮したネタをもっと楽しめたらなあと、自分自身でも思います。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ