桂文我上方落語選~京都編~

2013年4月16日(火)京都府立文化芸術会館・3階和室

笑福亭 生寿 「色事根問」
桂 文我   「湯文字誉め」
桂 紅雀   「向う付け」
桂 文我   「五両残し(星野屋)」
~中入り~
桂 文我   「寝床」


会に参加したぴーまさんから、
感想をいただきました。(^O^)/
ブログアップが遅くなってスミマセン(>_<)



ここから、ぴーまさんのメールの
抜粋を始めます。



桂文我落語選 京都編 ご報告(紅雀さんをメインに)

生寿さんの開口一番は「色事根問」でした。
そのまま、稽古屋へ突っ込んでいくのではと思うぐらい、勢いがありました。

文我さんは「色事根問」からの連想で「艶笑ばなし」のうす~いやつをと「湯文字誉め」
女の人が聞けないような濃~いやつは、笑福亭に任して、と笑いを取ります。
先代文我と枝雀の思い出をじっくり語って、その先代文我から教わった噺だそうです。
サゲは「松茸」と「男性器」を掛けた、昔話にもよくあるベタなサゲでした。
それにしても珍品。


紅雀さんは、『文我さんの会へ出してもらうのは久しぶりで。それもいろいろ訳がありまして』と切り出し。
でも、そのワケを話すことはなく、『噂話が好き』という話へ。
それから、文我さんの裏をやるのは大変という話。
最初の「湯文字誉め」なんて、誰も聞いたことがない。『噺家も知らん噺でっせ』
『この先どうなるのやら、どこでドンドンってなるのか、ずっと聴いてなあきません』
『その緊張感たるや、並大抵やないですよ!松茸?エッ!ここやな!ドンドン!みたいな』

噂話が好きというマクラから、すわ「ベラベラ」かと思いましたが
ねたは「向う付け」でした。

今日の喜ぃさんは、そんなに「アホ」な感じはしませんでした。
「アホ」というよりも「おもろい」方が前面に出ていた感じ。
紅雀さんの喜ぃさんは、紅雀そのもののような気がして、より生き生き感じられました。
毎回やっていたか覚えてないのですが、布をかぶった隠居の姿を『冷ご飯みたい』と言ってました。
こういう、細かいくすぐりが、あちこちに仕掛けられていて、クスッと笑えます。
それにもまして、全体にほんわかした空気を醸し出す、とても素敵な紅雀ワールドでした。


文我さん二つ目は「五両残し」。
私は「星野屋」とメモをしたのですが、中入りの時に生寿さんが出したネタ帳は「五両残し」。
文我さんによると「星野屋」ともいうらしく、それは間違ってなかったようです。
この場所で、この会で、文我さんで「星野屋」を聴いた覚えがあったのですが
『この噺をやるのは、20年ぶりぐらい』と言うてはったので、はて、私が聴いたのは誰やったのか?


『このままではこの会でまともな噺は「色事根問」と「向う付け」だけになってしまうので
最後はオーソドックスな噺をと楽屋で話がまとまりまして』とトリは「寝床」。
『特に紅雀さんの強力なアドバイスを受けまして』と言うてはりました。

このふたりの関係は、一体どういうもんなんでしょうね!
非常に興味深い。
私も、やっぱりゴシップ好きですねえ。

てなところで、今日の会のご報告でした。

長っ!


桂文我上方落語選~京都編~のネタ書き出し(達筆!)


ぴーまさんのメール抜粋は
ここまでです。


感想を送ってくださり、
また転載を許可して頂きまして、
本当にありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ