枝雀さんの「青菜」(CD)

2010年は紅雀さんの「青菜」を聞きそびれた年でした。
まだ一度しか聞いたことが無いので、
取りあえず、師匠の「青菜」と聴き比べを…。

下記は過去の日記から抜粋したものです。
2010/10/19 (Tue.) 23:26:58

 今年の夏は、紅雀さんの「青菜」が聴けませんでした。オチで絶叫していたような気がするのですが、枝雀さんの「青菜」を聴いてびっくり。…絶叫してない!コンパクトに上手くまとめている印象で、「つる」のような巻き舌台詞とか、畳み掛けるような台詞、ハイテンションな場面がないんです。無駄のない、ギリギリまで削ぎ落としたような「青菜」。枝雀さんは誰に「青菜」を習ったんでしょう?私は、枝雀さんの落語って破壊&創造の落語のイメージが強かったのですが、「青菜」はオーソドックスな上方落語、と、素人に思わせるくらいのものでした。弟子の紅雀さんよりも、孫弟子のまん我さんの「青菜」の方が、枝雀さんの「青菜」に近いと思います(音源のみでの判断ですが)。料理の場面はたぶん、まん我さんの方が丁寧に描いています。
 冒頭で、植木屋さんがハサミ入れに失敗し、枝を切りすぎた!という表情から始まる「青菜」の“型”は、どこから来たものなのか、ちょっと気になりますね。こごろうさんと、紅雀さんがこの「型」をしているようですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ