何という悩み

今日、職場で、つらつらと考えたのですが、
紅雀さんが落語をやっているのに、
別の場所でダンスに興じている自分が、
想像できませんでした。
(仕事せい)。

今は、落語に行く!
という気持ちでいっぱいです。
でも、明日はまたサルサのレッスンがあるので、
またへっぴり腰の踊りしか出来なかったら、
悔しくて、土曜日の教室に行ってしまいそうです。
 土曜日にこだわらなくても、
別の日のレッスンを受けられたら良いのですが…



馬生さんの落語の感想を読み返して、
へこんでいます。(><)
寝たって書いたら、
退屈な落語みたいですよね。
一席聴いたら、気が抜けて、
眠ってしまうのです(多分)。
寝ちゃったネタは、もう一度聴いて、
改めて感想を書きます。

馬生さんの落語はほんと癒し系なので、
全世界にそれを広めたいです。
特に「うどんや」とか…



今、謎の枝雀さんの音源を聴いています。
30年ほど前のテープ落語を、MDにダビングしたもので、
テープ落語のタイトルが不明です。
何か、連続落語会やってるっぽい?

「宿替え」、この間聴いたもの(確かS56年の十八番というタイトルだった)
と違います。ぼん(小さな男の子)が夫婦の間に居るのですが、
以前は、それに気付きませんでした。
主人公(夫)は、けっこう年を取っている感じで。
 枝雀さんって、聴いたら、今の噺家さんが使わないような、
古い大阪弁使ってますね。語尾に「~が」を付けたり。
「ま」で、台詞が終わっても、全然違和感がありません。

『代書』は、「ポン」で終わらなくて、
「生年月日!」もありません。
でも、お客さん、めっちゃ笑ってる~(^^)
凄く楽しそう。留五郎のボケが凄い。
代書屋さんを、おちょくってるのか、
本気でそう言っているのか、ボーダレスです。

『蛇含草』は、枝雀大全よりも怖くなかったです。
なんだか、ほっとしました。

『天神山』は、胴乱の安兵衛のキャラが激しい。
そこに味をつけて、たぶんだけど、松鶴さんや文枝さんの
『天神山』を意識して差を出したがってるっぽい?
ここに出てくる「糸」という女の子、
『野ざらし』の女の子と、めっちゃ被る。


『くっしゃみ講釈』の途中から寝ちゃった…^^;
気が付いたら『延陽伯』が終わりかけでした。
続けて落語聴くのも、限度がありますね。

今、思い出したけど、
紅雀さん、「くっしゃみ講釈」をいつ練習するんだろう。
14日の染弥さんとの二人会に出すネタです。
ひょっとして、ひょっとして、
ぶっつけ…
いや、馬生さんもぶっつけやってた。
やって凄いことになってた(多分)。
思い切って、友達を誘ってみようかな。
 しかしバレンタインに落語って…。
婚期がよりいっそう遠のく…。

コメントの投稿

非公開コメント

サッ!サルサ!?

しかし、サルサって唐突ですねえ(^^; めっちゃ情熱的なやつですやん!ラテンですやん!
まあ、それはさて置き(置くんかいっ!)
こちらも唐突に「紅雀さん出演情報」今日の米研で動楽亭の3月プログラムもらいました。
3月3日(日)弥太郎・しん吉・米平・南天(中入り)紅雀・南光
3月4日(月)弥太郎・しん吉・紅雀・米團治(中入り)出丸・米輔
ついでに「崇徳院」ネタ出し情報!
最近、崇徳院ブームは去りつつあるようですが、一応ご報告。
3月13日「長寿の会」 繁昌亭19:00開演
「崇徳院」桂歌之助
たしか、歌之介さんは崇徳院一覧に載ってなかっと思いますので。

情熱的なサルサ…

ピーマさんへ
情熱的なサルサを踊れるほどの技量はまだまだ
ありません…。まだ歩いている状態です。
教室に来る人は、皆ラテン音楽が好きみたい。
でも一見大人しそうな人が多いですよ。
踊りで弾けたい! のかもしれませんね。

三月の動楽亭昼席の情報、有難うございます!
しかも「崇徳院」情報まで…!
ブームは数ヶ月単位でやって来ますので、
絶えず刺激をください(笑)。
歌之助さんは、どんな崇徳院を見せてくれるのでしょうか?
紅雀さんとは同じ歳ですし、楽しみですね。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ