東欄梨花

MYホームページに置いていた、蘇軾の詩のページに
ちょっと手を加えました。
ずっと前から気になっていたのですが、放置してまして(^^;)

習字にカーソルをあてると、
日本語が出てくるというものです。

「東欄梨花」ページ
漢詩に興味を持っている人は少ないと思いますが、
私にとって蘇軾は、落語における紅雀さんのような存在なので、
世界中の詩人の中で一番好きな人です。^^



こんな手荒い習字を堂々と公開しているのは、
きっと日本で否世界で私だけでしょう。

しかし、蘇軾の漢詩をお習字してくれる書家を
私は知りません。

「羅浮山下四時春~」も、
いつかお習字したいです。

他に気に入っている蘇軾の詩は、
テキストページの下の方に置いてあります。

「羅浮山下~」が終わったら、
「紫金の蛇(しきんのだ)」の漢詩をお習字したいです。
雷(かみなり)をそういう風に表現できるのって、
やっぱり詩人だなあと思います。^^

何年か前のクリスマス、
蘇軾の詩を習字しすぎて偏頭痛になり、
習字用の眼鏡を自分のプレゼントとして購入したものの、
お蔵入りになっている金縁眼鏡の存在を、
今、思い出しました…。

きっともう、度が合わなくなっているでしょうね。^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ