よろかん見つからず

今日は面接の日でした。
私は、いつまでアルバイトを
続ける気なのでしょうか…。

それは兎も角として、
帰りに家から一番近い図書館に、
寄って「よろかん」(※)を
探しました。

※明治時代の崇徳院速記に、
若旦那の家が「玉造のよろかん」
と出てくる。屋号か?



結論から言うと、
見つかりませんでした(><)。
探し方がきっと悪いのでしょう…。

上方語辞典や
国語辞典の大きいものを
めくっても、
見つかりませんでした。

上方語辞典は、
前田勇先生の本の方が
良いのかな?
それは、堺市立中央図書館で、
禁帯出になっているものなんですが…。

分厚い大阪府史をめくって、
豪商の出てくるページだけ
手を止めました(笑)。

人物辞典にも手を出したのですが、
万屋鉄五郎しか出てきません。


で、
候補にあがってた「淀屋」さん。
これは、ちょっと違うかなあと。
江戸前期に大坂の米市場で大活躍した
商人なんですが、
(豪商じゃなくて政商と書かれてた気がする、
お上の許しを得て、商売を仕切ってたっぽい)
淀屋は、
鴻池がのし上がってくる時期に、
表舞台から退場しているんですよ。
(五代目が放蕩→財産没収されてます)
なもんで、
鴻池と、対にならないような…
そんな気がしました。><

鴻池と対になりそうなのは、
今のところ、住友さんか、
三井さんです。
でも、
玉造に住んでなさそう…。

玉造は、旅の出発地点で、
宿屋が有名らしいのですが、
(地場野菜とかあるし、のどかそう…)
豪商が住んでいるイメージが
今のところ、沸きません。


木津の勘助は、
赤穂浪士でない方の中村勘助ですね。
勘助島(浪速区大国町)の
開発をした人らしいので、
玉造とはちょっと距離があるような…。


江戸時代の大坂の商人って
●●衛門とか、そういう名前が
凄く多くて、「勘助」は、
芝居に出てくるような古い時代の
名前の感じがします。

万屋勘衛門っていうのも、何だか…
勘兵衛は、武士みたい…


と言うわけで、
明日は、東成区の図書館に行きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ