8月4日動楽亭昼席

2012年8月4日(土)動物園前

桂 優々  「ん廻し」
桂 まん我 「皿屋敷」
桂 紅雀  「いらちの愛宕詣り」
桂 雀三郎 「天狗裁き」
~中入り~
桂 雀松  「牛ほめ」
桂 米左  「崇徳院」


崇徳院は、米朝さんのテキストが濃い感じ。
南天さんとだいぶ違って吃驚しました。



この日も、にこさんとご一緒したのですが、
席はバラバラ?だったような。(うろ覚え)


トップバッターは、優々さん。
ネタは「ん廻し」でした。
「一人死んだんじゃい!」という台詞は、
ずっと前、お正月明けで聞いた時のほうが
面白く感じました。免疫がついちゃったのかな。
 「割り前」の事を、何度か「割り勘」と、
今の言葉に置き換えていましたが、
はじめの一回だけ付け加えて、後は「割り前」で
いいんじゃないのかなあと、姑のような思考回路で
考えていました。
 お客さんは全体的に、よく笑っていた方だと
思います。


お次は、まん我さん。
 マクラはメモしてません(なぜに)。
ネタは「皿屋敷」。旅から帰ってきた若者を
仲間が囲って話をする場面は省いて、
おやっさんが怪談話を始めるところから。
前半は、こわ~い話でした。
でも、お菊さんを殺した侍の扇子運びが
すごく格好よくて、惚れ惚れしました。
(今思い返すと、ちょっと格好良すぎ?
悪人の扇子運びにしては品がありすぎたような)
 若手のする皿屋敷よりも、流石と思うところが
やっぱり多かったです。
 「オレはお前の声の方が怖いわ」
オーソドックスな(多分)テキストながら、
要所を押さえて笑いを取っています。
何が足らないとか、全く思いつかない内容でした。


お次は、紅雀さん。
マクラは、喫茶店めぐりが趣味、という話。
やっぱり「べにてん」で聴いた時の方が
面白かったです。昼席ってアウェーなのかな。
 ネタは「いらちの愛宕詣り」。
特に変だなあと思うところは無かったです。
お日さまに、二回話しかける(ファンタジー)。
下山は一瞬で終わるので、物足りなく感じました。
ここの場面、物足りなく感じるときと、
感じないときがあります。噺の出来に左右されている
ような気がします。


中入り前のトリは、雀三郎さん。
マクラは、メモってません(なぜに)。
ネタは「天狗裁き」でした。
 夢の話を聞きたいのに、自分の思いとは
裏腹な言葉を口にするのは、天狗だけでした。
意外とあっさりしてますね。
家主さん辺りから、こういうことをすると
思っていました。天狗の声は、一段と低くて
面白かったです。
 自分が思ってるよりずっと、
ベテランさんが、あっさり演じても、
全然損した気持ちになりませんでした。
ぎゅっと詰まっていたのでしょうか。
 「奉行の扇子づかいが良い」
という、偉そうなメモが残っています。


中入り後は、雀松さん。
ネタは「牛ほめ」。
合間に独自のくすぐりを入れていて、
好感が持てた。と、メモしてあるのですが、
独自の内容が全く不明です。(><)
もっと詳細にメモすれば良かった。大後悔。
ちょっとした一言だったのかな?
お客さんにとても良く受けていました。
 主人公がカンニングするために、
ふところを覗く手つきがちょっと気になりました。
もう少し、がばっとふところを開けても
良かったのでは。
「石灯籠」ではなく、「手水鉢」が出てきて、
米朝一門にしては珍しいと思いました。
※メモ
雀松さんは、枝雀さんから教わったらしいので、
枝雀さんも「手水鉢」と言っていた可能性が
高いです。牛ほめを米朝一門に持ってきたのは、
枝雀さん。(だけじゃないかもしれないけど)。


昼席のトリは、米左さん「崇徳院」です。
マクラは、メモってません(汗)。
なぜに…。落語は、マクラ+ネタ+オチ(サゲ)で、
構成されていると、とあるページで書かれてあった
のですが。
 米左さんは、南天さんと年が近いので、
彼と同じか、それよりは少ない規模でも、
従来の「崇徳院」に改良の手を入れると思って
いました。
 ところが、米朝テキストが色濃くて、
ちょっと拍子抜け。やっぱり米朝さんの
お弟子さんなんだなあと思いました。
・見台あり。サゲなし。
・熊五郎が職人っぽくて、
ちょっと怖かったです。
もう少し、おっちょこちょいのおじさんの
味が欲しかったかな。喜怒哀楽がはっきり
しているような人柄が欲しいと言うか。
若旦那に対して、ちょっと
厳しすぎる気も(><)。
・米朝さんと違うところは
「せをはやみ~」と言った後、
「おかず屋はん!」と声がかからずに、
「いわし屋はん!」と声がかかったところ。
熊五郎のつっこみが「つみれを作ってみい」
というもので面白かったです。
このくすぐり、どこかで聞いたことがあるような
気がするのですが、東京の噺家さんかなあ?
(小遊三さんとか・また私の思い違いかも…^^;)
・米朝さんと違うところ パートⅡ
熊五郎が家に帰るとき、
かなり躊躇する様子を見せました。
奥さんが怖い。
「青菜」の主人公も、似たような様子を見せますが、
もっと怖がってました。
こういうやり方は、初めて見ます。
米左さんは恐妻家なのでしょうか…。
・眉毛が無い、というくすぐりは、
米二さんで聞いたことがあるような。
(※だいぶ前なので、うろ覚えです)
お坊さんに間違われるところまでは
(これは枝雀さん)行きませんでした。
・料紙を思い出すとき、
良助出え、というくすぐりは、
かなり古さを感じました。
最近は、「狩人出せ→猟師or漁師?」
というくすぐりが多いです。
このくすぐり、四代目米團治の匂いが
するのですが…。
・物語のハイライト、キセルの場面は、
震えて落とすものではなかったです。
これは枝雀さんが始めたのでしょうか?
米朝さんは、ポンと灰を落としてから
熊五郎が相手につかみ掛ります。
米左さんもそうでしたが、
灰を落としてから、ガッツポーズのような
気合の入れるポーズをしてから、
相手につかみ掛っていました。
これは、ちょっと面白かったです。
 相手のつかみ方は、
手をクロスさせません。拳(こぶし)を
直線状に並べてました。
・ちょっと本調子でなかったのか、
早口で聞き取りづらい所がありました。


※2012年9月7日に感想を書き終えました。

コメントの投稿

非公開コメント

いらちの愛宕詣り

紅雀さん、「いらちの愛宕詣り」だったんですね。紅雀らしいネタではなかったですか?いかにもという感じで。ぜひ聴いてみたいですね。このネタ長いこと聴いてないわあ。
そして、このネタは、鶴瓶さんで一番聴きたいネタでもあるんです。落研時代の得意ネタだったそうで。最近、お江戸ネタの上方版が多いので、こういうベタな上方落語を聞いてみたい。夢です。

ピーマさんへ

こんにちは。
いらちの愛宕詣りは、紅雀さんにぴったりのネタと思った反面、今回は意外性を感じなかったのが残念でした。新たな発見が欲しかったのですが、私が見つけられなかっただけなのかもしれません。
 鶴瓶さんもざこばさんも、最近、東京のネタをすることが多いように思います。新境地を目指しているのかもしれませんが、同じネタをしても敵わないと思う噺家さんが矢張り居るのでしょうか。

まいど(^^ゞ

こんばんは
動楽亭ではど~もでした。
11月のめいぷるの演目が発表されています。

http://event.minoh-bunka.com/article/57482598.html

11月にはどこでどうしているのか…6時半開演の箕面に行くことが出来るのか!?不安な私です。

にこさんへ

動楽亭、久々にご一緒できて楽しかったです(^^)。
 めいぷるの会は、いつもネタの発表が早いですね。佐々木裁き…! 昨日、枝雀さんの音源を聴いたばかりです(><)楽しみ
 11月もめいぷるでご一緒できますように…!
情報ありがとうございました。(^O^)
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ