べにてん

2012年7月26日(木) 中崎町・イロリ村

桂 南天 「兵庫船」
桂 紅雀 「厩火事」

お客さんの書いたアンケートを読みながら
フリートーク
①あッつ~~~とゆう思い出
②私があやまって欲しい事
③めんどくさいなァこれ


厩火事が動楽亭の時と別人過ぎて…!
おさきさんの表情が終始豊かで大変良かったです。



この日は確か、
中崎町の商店街の、
ネパール料理のお店で、
カレーとナンを食べたと思います。
「一番マイルド」と書いてあった
カレーを頼みましたが、
そこそこ辛くて(美味しかったです)、
これ以外のものは、もっと
辛そうだなあと思いました。


南天さんは「兵庫船」。
 マクラは、美容院の話でした。
襲名後?理容ではなく美容院に
行くようになった、とのこと。
美容師さんの対応や仕草が新鮮だったとか。
面白かったです(^^)。
 兵庫船で一番印象的だったのは、
米紫さんのもの。
南天さんは、なぞかけの場面、米紫さんほど
長くありませんでした。
米紫さんは中ネタ扱いで、
南天さんは前座ネタ扱いなのかな。
 船の帆を膨らませる仕草が
なくて、ちょっと拍子抜け。
あそこまで変な顔と仕草を見せてくれる場面は、
他のネタではそうそうお目に掛かれません。
 巡礼の娘を魅入れたフカに、
「もっと口開けて」
と、言う台詞が無かったように思います。
上方落語メモのテキストでも無いですね。
ひろばさん、米紫さんであったと思うので、
稽古をつけた師匠がきっと違うのでしょう。
 それから、キセルの灰を落として
フカを撃退する場面も無かったように
思うのですが、ちょっと記憶があやふやです。
啖呵を切って、フカが逃げたのかな?
 面白かったのは、旅日記を
海に放り込むのが清八?で、
捨てる直前、内容を読むのですが、
小学生の絵日記のような内容で、
喜六に突っ込まれるというくだりでした。
 お囃子がずいぶん入ってくるネタですが、
「だんじり狸」同様、無しで南天さん、
見事に乗り切りました。無いと、
想像力がずいぶん働くものですね。


お次は紅雀さん「厩火事」。
マクラは喫茶店の話で、
ひろばさん顔負けの女子高生たちの
会話を面白おかしく。そのあと、
トマトの話になったとメモに残っているのですが、
詳しく覚えていません。
 厩火事は、とても良い内容で、
びっくりしました。ネタおろしの時も、
動楽亭昼席で見たときも、何か
足かせをつけたような印象があったんです。
この日は、おさきさんの表情が
とても豊かでした。
笑いの多い高座で、「ヤキイモ」
「ものほし」という短い言葉がとてもよく
受けていたように思います。
 噺の終盤、おさきさんが「好きです」
と言うのですが、言う直前、
すごくアヤシイ動きを見せて言ったので、
めっちゃ可笑しかったです。
ちょっとやりすぎかなとも思いましたが。
 おさきさんのダンナがまだ、
ちょっと怖いです。
紅雀さんの中の「遊び人」のイメージと、
私の中の「厩火事」のダンナのイメージが
少し離れている状態です。
ひろばさんのダンナは自然に受け入れられたの
ですが(?_?)。
 お客さんによく受けてましたが、
頭の片隅で、冷静に高座を見ている自分がいて、
なぜ噺の中に漬かりきれないんだろうと
思っていました。


アンケートによるフリートークの感想は、
割愛します。
「めんどくさいなあ、これ」の中で、
「階段」という答えが面白かったです。


※2012年9月1日に感想を書き終えました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ