湿気

今日は湿気が凄かったですね。
仕事の帰り、雨が降っているのにも関わらず、
週末が来た嬉しさに、また図書館へ行きました。
金馬師匠のCDは、まだ聞き途中なのですが…、

この図書館とも、もうすぐお別れかなあと
思うと、つい立ち寄ってしまいました。
東京の噺家さんのCDが、堺市にしては、
ここまで充実しているのは、他に無いんじゃないかと
思いまして。



昨日の夜は、
金馬師匠の「花見の仇討ち」を聞きました。
金馬さんは、
歯を向いたお坊さんのような
面白い顔をしているのに、
思いのほか、声がイケメンで、
中々噺に集中できませんでした(^^;)。

音声だけで聴く落語は、
イケメン声が苦手です。
何となく、声優さんを思い出すので。

めげずに、
他の噺も聴いてみましょう!


今日は、
イケメン声でつまづいた時の保険
として、
志ん生、円歌、正蔵、
可楽(←イケメン声なのに何故借りてしまったのか…)
(「うどんや」が入ってからです)
各師匠のCDを借りました。
正蔵師の牡丹燈篭は今から聴くのが怖いです!




二三日前、思いついたこと。
紅雀さんが「さぼ」に改名したら、
「べにてん」が、「さぼてん」に
なります。

桂 さぼ

紅雀さんが改名なり襲名をしたら、
受け入れる自信が無かったのですが、
これは、大丈夫です。
(ほんまかいな)


べにてんのフリートークでは、
自ら望んでなることが多い改名は兎も角として、
襲名は、師匠方の声なので、
「No」とは、
絶対に言えない…
と、お二人は言っていました。

南天さんが、
冗談とも本気ともつかない声で、
「紅雀が襲名したがってるって、
師匠たちに言いふらしておくわ」
紅雀さんは、「やめてくださいよ」
と言っていました(笑)。
紅「僕よりも、まん我くんの方を…」
南「あの子は、自分でアピールできる子やから」
自分でアピールできる子!
個人的には、シャイな人のイメージが
ありましたが…。
(一部の噺家さんを除いて、
私の噺家さんに対するイメージは、
ほぼシャイな人です)


で、寝る前に思いついた名前。
朦朧とした意識の中で、
「文團治」が閃きました。
師匠も「文」が付くし、
ちょ~どええやん…
と思いましたが。
よく考えたら、何か「元締め」っぽい
イメージも、そこはかとなく感じます。
それはちょっと合わないかも。。


他の噺家さんは冷静に見たり
考えたりできるのに、本命の噺家さんとなると、
おちゃらけたことか、おもいっきり深刻な
ことしか思いつきません。
落語レポは、的外れな事ばかり書いている気がして
ならないのです。


またイラストを描いて、
もやもやを消化したいです。
(泥沼にはまって、
もっとモヤモヤすることに
なりそうですが…)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ