ビックリマンシール風の紅雀さん

いつかこの日が来るのではないかと
思っていました。
紅雀さんの似顔絵なんて、
畏れ多くて…(><)と言いつつ4回目

ビックリマンシール風に作るのだから、
多少似ていなくても許されるかなあと。
(何てポジティブ)

まだ下書きの段階です。
今度はちゃんと、1.5等身に描けました。
正座している絵なので、
ちょっとズルした気分です。




ビックリマンシール風の紅雀さん(下書き)
1.5等身の紅雀さん!
(※正座してます)

この仕草(ポーズ)だけで、
噺(ネタ)を当てたら、
相当なつわものです。

前に突き出した拳(こぶし)が、
何となく、
ビックリマンシールっぽく
出来たなあと思います。^^


これは絶対にキラキラのラメシールですね…。



もうすぐ、神戸の花隈亭です。
私は、生で聴けそうなネタは、なるべく、
テープやCD、動画や本などで、
ストーリーを知ってしまわないように
心がけるのですが、
この間、ついに、枝雀十八番の「愛宕山」を
聴いてしまいました。
けっこう欲望に弱いタイプです。

聴いてほっとしました。
仕草が多くて、良く分からない内容でした。
たぶん、生で聴いたあとなら、
情景がよく浮かぶのでしょう。

枝雀十八番で、良かったなあ!と
思えたのは、
「宿替」「口入屋」「八五郎坊主」です。
代書は、十八番の他にもう一つ別のテープを借りたので、
どっちが良かったのか忘れてしまいました。
ちょっと古いタイプ(?)が好きかも。

十八番の中でも「八五郎坊主」は、
研究好きの人の心をくすぐる内容。
『枝雀大全』の「八五郎坊主」の、
明らかな、プレ(一歩手前)版です。
綺麗な放物線さえ見えます。
ちょんこ節などの声や、くすぐりが、
大全の方が伸びているのですが、
十八番では、その伸びしろが既にあって、
これから伸びるんだなあと思うと、
凄くドキドキしました。
好きな芸能人の若い頃の写真を見て、
「うわ~っ」って嬉しくなる心地です。
 十八番は昭和56年で、大全は同59年。
予想はどんぴしゃり(^^)。

枝雀さんの落語って、
ハイテンションで、癒し系がないかもと、
思っていましたが、
八五郎坊主は、落ち込んでいる時に聴くと、
とってもいいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ついに

ついに、その日がやってきましたか。
まるで紅雀さんの「いらち俥」を見ているような気分にさせられます。
(  ̄o ̄)。oO想像中

もずさんへ

流石、もずさん!
やっぱり「いらち俥」だったんですね。仕草そのものは、独演会のチラシの写真を見て描きました。私は、何のポーズを取っているのかずっと知らなかったのですが、落語通の方たちの会話を盗み聞きして、ネタ名を知った次第です。

ついに2nd

ついに!と書こうと思ったらもずさんにとられてしまいましたので、2ndということで。
いつかは、必ずやらかすと思うてましたが、ついにやらかしましたね。
ラメラメの完成版楽しみにしております。

ピーマさんへ

こんばんは。
ついにやらかしました!
べにてんの時までに完成すればよいのですが…^^;
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ