十代目馬生「崇徳院」

イラストの記事のカテゴリー内に
あるとおかしいので、
「菊江仏壇(ペン入れ)」から
文章を独立させ、新たな記事にしました。

内容は、ほぼコピペですので、
そんなにいじってません。



十代目馬生の「崇徳院」、
テキスト化しようと思いましたが、
あえなく、タイムアップ。
105円で、3日間の視聴でした。
まだ半分もテキスト化できていません。

東京の「崇徳院」は、
三代目 桂 三木助の「崇徳院」が根っこにあって、
それ以外の型はないと思ってたんです。
例外は、志ん朝くらいで。

馬生の「崇徳院」は、私の考えを覆す内容でした。


三代目三木助が東京の「崇徳院」を作る以前、
東京(というより江戸)には、
上方の崇徳院に相当する噺がありました。
「皿屋」または「花見扇」と呼ばれるネタです。
ストーリーは似ているけども、
比べてみると、異なっている箇所が多く、
雰囲気そのものが違います。
当初は一緒の噺だったけれども、
東西に分化するのが早かった感じがします。

三代目三木助は、江戸の「皿屋」「花見扇」の
流れをくんでいない「崇徳院」を作りました。
上方から移植したんです。
自分の言葉や先輩のアイデアを足しつつ(多分)。


私が馬生の「崇徳院」を聴いて、しびれたのは、
江戸の「皿屋」「花見扇」の流れをくんでいたから
なんですね。
これはもう、吃驚しました。

・主人公が熊五郎ではなく、金兵衛です。
「皿屋」「花見扇」の主人公も金兵衛でした。
ただし上記の金兵衛は、お調子者の貸本屋で、
熊五郎のような荒々しさはありません。
馬生の金兵衛は、名前は金兵衛だけれども、
性格は、熊五郎(職人気質)でした。

・冒頭に番頭が長々と喋る。
若旦那が思いつめているようだ、思いを叶えれば治る、
そう医者が言っていたと、言っています。
多くの「崇徳院」では、
ここは親旦那の台詞になっていて、
番頭は殆ど出てきません。
こういったやり方は、「皿屋」「花見扇」に
出てくるものです。

・若旦那の部屋に入る際、
薬の匂いがプーンとして…という台詞が無い。
これは、六代目松鶴もそうでした。
古い型には薬の匂いが出てきません。


・出会いは、向島(むこうじま)の花見の茶屋。
上方の崇徳院は「高津神社」。見晴らしのよい所です。
東京は「上野の清水寺」。見晴らしのよい所です。
向島の花見は「皿屋」「花見扇」の設定に近いです。
向島とはっきり書いてなかったかもしれませんが、
(追記:上野の花見でした)
何せ、平地の花見です。


・お嬢さんが、先に茶屋で休んでいた。
若旦那は後からお店に入ってお嬢さんを見初めます。
多くの「崇徳院」では、
お嬢さんが若旦那の後に、茶屋へ入ってきて、
どういう訳か、お嬢さんが先に茶屋を出て行きます。
ここは不自然に感じるところです。


・お嬢さんが、塩瀬の茶袱紗をわざと落として、
若旦那が拾う。そのお礼として、
女持ちの扇に、崇徳院の上の句を書いて渡す。

扇に歌を書くやり方は、
六代目松鶴です。
五代目松鶴は、扇と言っていた時期もあったような
気もするのですが、ラジオでは「料紙」にしており、
上方の崇徳院は、殆ど「料紙」になっています。

一方、東京の三代目三木助は、
桜の木の枝に下がっていた短冊が落ちてきて、
そこに、たまたま崇徳院の上の句が書いてあって、
お嬢さんがそれを拾い、若旦那に渡す。
東京では、このやり方が多いように思います。
志ん朝は、お嬢さんが短冊に書いて渡すやり方にしてましたが。

扇に歌を書いて相手に渡すのは、
平安時代の貴族がやっていたように思います。
上方の崇徳院の古い型は、
京都の清水寺が舞台で、小僧同士の喧嘩を仲裁した
若旦那に、お嬢さんが歌を書いた扇を手渡したそうです。

兎に角、「扇」は、かなり古いやり方です。


金兵衛が二回、母屋を訪れる。
親旦那が、お嬢さんが見つかったと、
勘違いして、金兵衛にご馳走を出せ、と口にしますが、
違うと分かった途端に態度を変えます。
 これは、三代目三木助が削った場面で、
東京の崇徳院では、
全くと言っていいほど見られないものでした。
 なぜ、馬生は、
この場面を入れたのでしょうか。
ここは、「皿屋」「花見扇」でも無い箇所です。
五代目松鶴から稽古をつけてもらったと、
本に書いてありましたが、上方の匂いを感じます。
(ちなみに、ご馳走は、ぶりの照り焼きと、お酒)


・せをはやみ~!と、道の真ん中で言わない。
道の真ん中で、練習したり怒鳴ったりするのは、
五代目松鶴の「崇徳院」からで、
それ以前(二代目三木助や四代目松鶴)には、
出てきません。
…ということは、五代目松鶴から教わった線は
薄くなってしまいました。

兎に角、床屋や風呂屋で「せをはやみ」と
言い出すのは、かなり古いやり方です。


・馬生のサゲは無し
「めでたい話」として終わります。
ネタ名は「花見扇」でいいんじゃないの?
と思ってしまいましたが、
馬生の「崇徳院」を聴いていると、
形は崇徳院だけど、そこかしこに、古いやり方、
江戸の「皿屋」「花見扇」や上方の古い「崇徳院」が
混ざっていて、そこが凄く面白いと思います。

東京の「崇徳院」は、
三代目三木助の専売特許とまで言われましたが、
三木助が移植する他に、
別のルートから、上方から崇徳院が流れてきたものが
あったんだと思いました。
江戸の匂い(皿屋・花見扇)を残しながら、
上方の崇徳院を、東京に移した。

三木助の移植の仕方は「一新」系で、
一から仕立て直しているイメージがあります。
馬生さんのは、「つぎはぎ」系ですね。
それもまた、味があっていいと思います。
20分そこそこで、ここまで聴かせるとは
驚きです。


それにしても、馬生さん、
カミカミのうろ覚えやなあ(笑)。
めっちゃ可愛いと思います。
多分、次の日の落語会で、
リベンジしたんだろうなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ