動楽亭昼席

2010年6月6日(日)

桂 二乗 「ろくろ首」
桂 雀五郎「手水廻し」
桂 紅雀 「打飼盗人」
桂 ざこば「遊山船」
~中入~
桂 米平 「犬の目」
桂 米二 「替り目」

 日記のデータを保存しそこないまして…。
本当にこの演目だったのか、ちょっと自信ないです。
 珍しく妹と一緒に行った落語会です。

 二乗さんの「ろくろ首」、猫が出て来たときに、
余りにおかしくって妹と顔を合わせてしまった記憶が。
 雀五郎さんの「手水廻し」、頭を回しますと言ったときに、
妹が「えっ?!」と驚いていたような気がします。
 紅雀さんの「打飼盗人」、まだ「逆さま盗人」という演目名になっていなかったように思います。
去年の11月にあった由瓶さんの会で見た時よりも、泥棒と暗闇の中で会話する時間と、
部屋が明るくなった後、泥棒と会話する時間のバランスが取れていて、パワーアップした噺が聴けて
嬉しかったという感想を書いたような気が。
 米平さんの「犬の目」、8月の日記に「以前は犬の目で…」という記述があります。
 米二さんの「替り目」、8月の日記に「以前は替り目で…」という記述があります。


 米二さんの「替り目」は私の中で伝説となっています。
茶瓶の蓋をつまむ所(特に間合い)が最高でした。奥さんが出かける前にお化粧をする所も…。
 紅雀さんには是非この壁を超えていただきたい。
出来るなら米二さんの所へ行って噺を習って欲しいです。
雀三郎さんから習った「初天神」のように徐々に自分の色に染めてもらえたらと。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ