米二一門会 in 動楽亭

2012年2月26日(日)新世界・動楽亭

桂 二葉 「道具屋」
桂 二乗 「強情灸」
桂 米二 「貧乏花見」
桂 二乗 「初天神」
桂 米二 「軒つけ」


とっても良い会でした(^O^)
記事そのもの(演目)も書いてなかったので、
驚きです。



落語会が三日連続あって、
その後、紅雀さんのCM話が出て、
すっかり書きそこねていました。

あんなに沢山のお客さんがいたのだから、
(ぎゅうぎゅうの満席でした)
良い会だったというのは、
もう皆さんご存じだと思うのですが、
私のメモ帳は将来破棄する予定なので、
それも勿体無いなあと思いまして(汗)。


開口一番は、二葉(によう)ちゃん。
ブログでしか見たことが無く、
初めて生で見ました。
ブロッコリー頭、
ほっぺたが赤くて可愛い(^^)。
この時は、まだ台詞が棒読みな部分もありましたが、
笑いがおきる間合いの取り方は天性のものを感じました。
ダイヤの原石ですね。
少年のような声で、アメリカのコメディードラマに
出ていた黒人の男の子を思い出しました。
(あの子もとことん可笑しかったなあ)
彼女の高座を見て、皆が可愛いと云う気持ちが、
分かりました。語り口調が子どもっぽいんです。
孫を見る気持ちに近いんじゃないでしょうか…。
これからどう成長していくのか楽しみです。
廓噺とか、どうなるんでしょうね。


お次は、二乗さん。
お兄ちゃんの登場です(笑)。
二葉ちゃんの人気に嫉妬する言葉を、
何気に期待していましたが(悪いやっちゃ)、
そういう様子は見られませんでした。
妹弟子ができ、一門会を開けることになって
嬉しいと。
 マクラは、狂言師の若手と旅館に泊まった話。
師匠が部屋で待っていると思い、夜のお出かけの
誘いを断ったものの…というもの。
 強情灸は、納得が出来なくて、一年くらい
放っていたネタだったそうです。
(どこの部分が納得出来なかったのか、気になる)
全体的に噺の進み方がゆっくりに感じます。
女性の年齢、25、6、7、8、9…は、
もう少し笑いが取れたのでは。
 びっくり据(ず)え、桜島据え、の
もぐさの置き方が、もの凄くきっちりしていました。
二乗さんの性格が出たのかな。
ピー!(冷たい!)は吉の丞さんと一緒ですね。
サゲは、「五右衛門もさぞかし熱かっただろうなあ」
でした。


お次は、お二人の師匠の米二さん。
マクラは、今度から前座に出て、
後はゆっくり楽しみたいと言ってました。
「貧乏花見」は、動画で一度見ていましたが、
やはり生が一番だなあとしみじみ思いました。
急に雨が上がって、仕事を休んでいた人たちは
手持ち無沙汰に。花見客を値踏みして、
花見に行こうという話になります。
(ここは東京(江戸版)ではない場面(多分)。
他にも違いはあります。
江戸:大家が出てくる。男ばかりの花見
※ネタ名は「長屋の花見」
上方:大家が出てこない。女が付いてくる花見
江戸の大家さんは、雲の上の人という
ほどではなかったらしい。逆に上方はそうだったとか。
江戸で女性が出てこないのは下ネタっぽさを避けるため
だったのでしょうか。^^;
風呂敷、腰巻のくだりは確かに(笑)
赤い毛氈(もうせん)の代わりに、
●●を干したゴザが出てきて衝撃。
東京は、普通のゴザだったんじゃないかな。
見立てがハンパ無いです。
 酒柱が立った後に、ご馳走のくだり。
普通は逆だと思うのですが…
酒柱→サゲ ですよね。
米二さんの「貧乏花見」はサゲ無しでした。
これは次の演者、二乗さんに
配慮してそうなったのでしょうか。
こういうやり取り、いいですね。
師弟愛を感じます…


お次は、二乗さん。
「初天神」は、12月にネタおろししたばかり。
フレッシュなネタだと言ってました。
まだ親になっていないので、親の気持ちが分からない。
(まじめやな~)
自分は三男なので、二葉が入ってやっと兄になれた、と。
二乗さんのお兄さん(実兄)、弟の職業を
まだちゃんと覚えていなくて、天然さが笑えました。
初天神は、フルバージョン+α!
初めて聴く場面がありました。
寅ちゃんが、母親にあの着物を出してと
言うのですが、母親は着物を出したがりません。
「出して」「無い」の応酬。
そして、寅ちゃんは着物の行方を自ら悟るのでした。
「…あー!!」っていう所、面白かったです。
 そして寅ちゃんのお母さんが色っぽかった。
白粉(おしろい)つけて、紅(べに)つけて…。
紅~のところ、小指で唇をなぞる仕草をします。
これ、雀五郎さんであったっけ?
あと、寅ちゃんのお父さんに向かって、
「あんた、店に寄りなやとは言わんけど、
子どもを連れて…」(涙目)
健気過ぎます。完璧すぎる妻から逃れようと
おとっつぁんは…浮気したらあかんやん!
とどのつまり、ラブラブ夫婦だなと思いました。
(紅雀さんだと、お上さんが、
「あんた、帰ってから話があるからな」
と、言います)
 父親と寅ちゃんの屋台めぐりの道中も、
微笑ましかったのですが、一番衝撃を受けたのは、
団子の蜜をねぶって、フィニッシュに、
ずるずるずると素早く吸ったことでした。
二乗さんって、そんな俊敏な動きが出来たんですね。
目の錯覚を疑いました。
そして、一番笑った場所でもありました。
蜜の吸い方は、全体的にねぶって、
後で、団子と団子の間にたまった蜜を吸う
やり方でした。
(雀三郎さんは一つ一つ丁寧にねぶるため(多分)
団子の丸みを想像しやすい)
これはこれで悪くないなあと思いましたが、
雀三郎さんのねぶり方を超える人は中々いません。
(いたら恐いよ)
 ネタは確かにフルバージョンでしたが、
メモはここで途切れています。
 この噺を聴いて思ったことは、
二乗さんって噺の隅から隅まで見ているのだなあと
感じたことです。視野が広いというか。
若手ってけっこう噺の正面しか見ていない人が
多いように思うんですね。二乗さんは、
噺に対する配慮というか、そういう所がちゃんと
していそうだなと思いました。
ただ、見えているからと言って、手が全て届いている
訳ではなさそうだなと。手が届くようになった時、
肩の力を抜く場所を知った時、凄い噺家さんに
なりそうだなあと、思いました。


トリは、米二さんの「軒付け」。
マクラは余り覚えて無いですが(汗)、
寝床かな? と思ったので、
浄瑠璃に関するものだったと思います。
確か、凄く厳しいおっしょーさんが居て…
練習に行くと普段使わない筋肉を使うので、
胸が痛むとか何とか…。
 この噺、どこかの感想かメルマガで、
浄瑠璃の素養がないと出来ない噺、と
書いてあったような記憶があって、
もの凄く堅苦しい噺なんじゃないかと、
勝手に思ってました(笑)。
実際に聴いてみると吃驚。
こんなにおバカで楽しい噺だったとは…!
ずっと笑いが止まらなかったです。
浄瑠璃の下手な三(四?)人組が出てきて、
その珍道中を描くというもの。
(町内をウロウロしてるだけなんですが)
何で、この人たちは、こんなに下手なのに、
軒付けをしたいがために一生懸命になって、
楽しそうに生きてるんだろうって思いました。
羨ましい…
 この噺、構成がちょっと変っていて、
主人公が前半と後半で異なります。
前半は、軒付けがしたいと言い出した、
初心者丸出しの男です。彼は、後半、
ずっと「うなぎと茶漬け」と言うボケ役になり、
脇役っぽくなります。
後半の主人公は、多分、
一人で三味線を持てない男です。
(彼が唯一、三味線を弾けるという設定)
一番目立ってました。
ビジュアル系バンドみたいでした(笑)。
 主人公が入れ替わる落語って珍しいかなあと
思ったので、ここにメモしておきます。
「うなぎと茶漬け」っていうボケは、
めっちゃ可笑しかったです。執拗で(笑)。
もしかしてツッコミなんじゃないかって
思うくらい、しょっちゅう来て。
この台詞、紅雀さんなら、もう少し
畳み掛けるように言うんじゃないかと、
想像してしまいました。
多分、0.3秒くらい早く言います。
軒付け、紅雀さんもやってくれないかな。
こんなに楽しい噺なんて知りませんでした。
出てくる人たちが皆かわいいです。
実際にいたらきっと迷惑なんでしょうが^^;
浄瑠璃に夢中になっている男に
そのお上さんが、脅し文句を言うのですが、
それが面白かったです。
(思い出しただけでも笑いが止まらない)

コメントの投稿

非公開コメント

エンジョイ!

きのう「お休み」だったと思ったら、今日は2月の落語会のコメント書いてて吃驚!

ちなみに、最近は「二葉さん」と呼ぶようにしています。彼女も今年26歳ですからね。

私の方は例によってずっとお仕事してます。
そのかわりに、5日と6日は2連ちゃん×2で落語会に行きますよ。

どこかで出会えるといいですね(^O^)/

ピーマさんへ

私、おうちでエンジョイするタイプなんです(笑)。

二葉ちゃん、さんと書くかちゃん付けか悩みました。
26歳っていうのは、ピーマさんのツイッターで知っていたのですが…。優々さんは以前、君付けでしたが、最近の落語の上達具合を見て、さん付けに(^o^;<まだ混同している時があります。吉の丞さんでも、君って言ってる時ありますし、記事を書くときの気分で変わってます。可愛いなって思ったら、ちゃんや君になりますね。凄いなあって思ったら“さん”になります。

6日は出かけるかどうか迷い中です。
がまの油…がまの油(エンドレス)
会えたら、いいですね(;^O^;)
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ