メモの更新と寝床&子褒め

紅雀さんメモ、更新しました(^O^)
めいぷるの情報をいち早くくれた にこさん、
チケット情報をいちはやくくれるピーマさん、
いつも有難うございます。

今回の追加した落語会情報は、
・5月15日(火)18:30 めいぷるの会
紅雀/米揚げ笊、米紫/いもりの黒焼、まん我/植木屋、中入、吉弥/短命、ひろば/狸の化寺
「植木屋」って「植木屋娘」のことなのかな?
・6月27日(木)14:00 水無月寄席
二乗/紅雀/吉弥/米紫/南天

その他、南天襲名の情報を追加しました。
米朝事務所のHPをスクロールしたら、
大きなバナーが出てきて、クリックしたら、
スケジュールがずらっと出てきました。
(スクロールしない人が大半だと思うのですが、
何であんなところに大事な情報を載せるんだろう)



南天襲名披露公演の情報は、
いくつか追加しました。
また、
<口上のみの出演>という表記をやめて、
<司会のみの出演>としました。

今まで名古屋や東京で、
口上のメンバーや司会者が不明だったのですが、
米朝事務所のHPによる情報から、
それがはっきりと分かる様になりました。

ただ、一部の公演で、
まだ料金や問い合わせ先が書かれていないので、
分かり次第、追記します。
(こういうのって、
追記をし忘れそうになるから恐いです^^;)



昨日の夜、深夜じゃない時間帯に、
NHKで落語をやってました。
四代目文我さんの「寝床」!
予習もかねて、見たのですが、
30分という時間制限があったのか、
先へ先へと話が進み、
たっぷりした印象がなくて、
何だか物足りないなあと思ってしまいました。
 テレビの落語って、
あんまり良い思い出がありません。
(紅雀さんの花色木綿も、
せっかくテレビに出たののに
感想を書いてなかったりします^^;)
 30分って、
ベテランさんなら、マクラで終わりますよね…。
前座ネタでも30分行くんじゃないかな。
ああいうテレビ映えするような舞台じゃなくて、
普通の落語会の中で、手取りのビデオで
マクラから録画したものを、
放送して欲しいです。
(めっちゃぶれてそう)


 文我さんの「寝床」を見てて思ったのは、
紅雀さんは「たまご売りのおじさん」を
出すのかなあと。
弟子のまん我さんには出てくる人物なのですが、
米二さんには出てこなかったような。
素人浄瑠璃という題でやっている、こごろうさんも
出てこなかったように思います。
枝雀さんはどうだったのかな?
 この噺って、
じわじわと、旦那さんの音痴がいかに酷いのかを
聞き手に伝えていかないといけないので、
その辺をどうするのか、とても楽しみです。


 文我さんとまん我さんの「寝床」って、
テキスト上はそんなに変わらないというような
噂を聞いていたのですが、
奉公人が隠れて旦那さんにものを言う様子や、
定吉が出てくるところ、
サゲ前の言い方などは、以前、雀の学校で見た
まん我さんの「寝床」とは、
ちょっと違うかなあと思いました。
 まん我さんに「寝床」を伝授した後に、
文我さんが加えた工夫なのかもしれませんね。



話題は落語から噺本にころっと変るのですが
「噺本大系 第二巻」の話です。
もうすぐ、返却日なのに、
三分の一も読んでません…。

第二巻は「醒睡笑」が載っています。
落語の原話が盛りだくさんという噂の笑本です。
「子ほめ」の原話も載っていると、
つい最近知りました。

噺のおもむきがけっこう違うので、
それも含めて、
お楽しみください。
・人を見た目より若く褒めろとアドバイスを受ける
・赤ん坊を褒める
ここは一緒なんですが…。
お坊さんの弟子が主役です。


『 いはんかたなき鈍なる弟子あり、
だんなのあつまりて、茶さけなどある座敷に、
年さんたむのあるは常のならひ也。
しかるに彼(かの)弟子、
やゝもすれハ、
いまだ三十の者をハ四十と見そんじ、
五十計の者をハ六十あまりと見そこなふて
わらハるゝを、
(★上記は現在の子褒めには無い部分)
坊主聞かね、
「さてうつけに薬かないとハまことや、
我も人も年のよりたきはなし、
誰をもわかいといはんこそほいならめ、
あなかしこ、
そこつに人を年よりといふな」
と、をしへられ、
あけの日、彼弟子、使僧(しそう)に行き、
女房の子をいたきゐるを見つけ、
「此御子息(このごしそく)ハいくつにてありや」
「是ハことしむまれ(今年生まれ)、
かた子(一歳未満)ておいりある」
と、(女房は)こたへけり。
弟子、
「さて、かたこにはわかう(若こう)御座あるよ」
と。』


★より下の部分だけの噺なら、
これはまさしく子褒め原話だなあと、
思うのですが、
★より上の部分があるせいで、
原話っぽい感じがしませんね。

現在の「子ほめ」の形になっている噺は、
時代がずっと後の十遍舎一九の落語本に
載っています。

醒睡笑の子ほめと並べて
みたかったです。



最後になりましたが。
べにこごの感想、
トークの部分を追記しています。
最後は感想じゃなくなってますが…。
いつも好き勝手書いているので、
書いた本人も冷や汗をかいています。

コメントの投稿

非公開コメント

おおきに<(_ _)>

こんばんは湖涼さん
米朝事務所のTOPページのヒミツ!?を教えて頂きおおきにありがとさんでしたd('-^o)☆thank you☆
お陰で南天さんの襲名披露公演ツアーにまん我さんの出番もあることが判明しました。
「日本の話芸」の文我師匠の「寝床」は私も聴きました。
文我さんのこの噺は生でも聴きましたが、そりゃあTVの落語は時間の問題ばかりではなく、とても平面的に薄っぺらく感じてツマラナイと思います。
紅雀さんの「寝床」がとても楽しみやね♪

にこさんへ

 おはようございます(^o^)
金沢の南天襲名披露公演に、まん我さんの出番を見つけたときは、にこさんはもうご存じだと思い、メールをするのを怠ってしまいました(汗)。どうもすみません。私の小さな発見がお役に立てて何よりです。金沢は矢張り、まん我さんの方が知名度があると判断されたんでしょうね。
 文我さんの「寝床」は、生を知っていると余計に、平面的に思われたでしょうね。生って演者さんがお客さんをちゃんと見て、目が合ったかなあと思う時や、お客さんと呼吸を合わしてくれる雰囲気があって、テレビだとそれがないから、一方的に感じるのかなあと思います(テレビの中のお客さんはけっこう笑ってましたよね)。
 紅雀さんの「寝床」は今から心臓バクバクです(@_@;)
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ