こごろうの会

2012年1月21日(土)梅田・太融寺

林家 染吉 「金明竹」
桂 こごろう 「花筏」
桂 塩鯛   「ぬか喜び」
~中入り~
桂 こごろう 「質屋蔵」


こごろうさんファンのさきさんから
もらったメールにレポが付いてまして、
お願いして転載させてもらいました。



<さきさんからもらったメールを抜粋します>


もずさんに「こごろうの会」レポメールしたので、
これも一応、湖涼さんにも転載しておきます。

↓↓↓

こごろうさんは「花筏」と「質屋蔵」の2席でした。

まずは「挑戦状」~襲名公演のご案内。
襲名公演は全国12ヶ所13公演と記憶しています。

大阪のお客様には是非京都にも・・・とのことでしたので
そんなこと言われたら、コレは行かないといけないかなぁ~と
思ったりして。
京都では洒落た場所での公演だそうですよ。


パチンコをやめたことで、落語のことを考えながら落語会へ
向かうようになり、(←いままでは・・・^^!?)
新しいアイデアが浮かぶようになったそうです。
以前は、思いついてもキワキワ過ぎて、その日の高座で試すことは
なかったけど、今年はどんどんやっていく!とのこと。
  ↑きゃっ!男前っ!


な感じで「花筏」へ。
今回の工夫は、地元の素人力士の千鳥ヶ浜が親に説得されて欠場するクダリ。
欠場の知らせに喜ぶちょうちん屋さんの場面が入りました。
てっきり不戦勝かと思ってたら、そこは興行なので、玄人を相手につけて
八百長で行くとのこと。
「まずはドンとあたって・・・あとは流れで」←^^よっしゃ!
そして当日、土俵に上がってしまった千鳥ヶ浜にめっちゃ動揺してしまいます。

おたのしみの1席が「花筏」だとわかったときには、ややガックリでしたが、
こういう工夫を見せていただけるなら、許しちゃおうじゃないのって感じです。


「質屋蔵」は前半の「思えば恨めしいあの質屋ぁ~」までが
ややあっさりしていたような・・・。
実は私、お化けが怖いので、こういう噺もやや苦手で
後半は2人のビビリ具合で笑わせるのでしょうが
私は2人と一緒になってビビっていました。

この噺も最後に相撲の場面が出てきますよね・・・。

レポは以上。。


<さきさんからもらったメールの抜粋はここまで>


これはファンじゃないと書けないなあと思いました。
こごろうさんの成長の記録というか…。
さきさんの素直な気持ちが出ている所も良いですね。


転載の許可を下さって、
本当にありがとうございます(><)


この「こごろうの会」は、
GUNLUKさんでも、感想が書かれてありますので、
興味ある方は、2012年1月21日(土)分の日記も
ご参照ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ