フィギュアスケート

応援している選手の順位が下がってしまって、
落ち込みまくりです…。
馬生の「目黒のさんま」の音源を発見し、
何とか元気が出ました(><)



応援していると言うと、
語弊があるのかもしれません。
ファンクラブに入っている訳でもないですし、
会場まで直接、観に行ったりはしてないので(^^;)

前から気になっている選手がいまして、
ロシアの、アリョーナ・レオノワ選手です。
ショートプログラム(SP)は、
『セイレーン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』
海とか海賊をイメージした伴奏だと思います。
この演技がまた素晴らしくて!
剣劇の場面も迫力満点でしたが、何より笑顔が素敵です。
最後に、首を落とすぞ!っていう仕草、
もう最高でした(><)
 『ロシア民謡』の曲を使っているときくらいから、
気になってて、今回は胸を凄く打たれました。

もちろん、日本人選手も応援してますが、
演技の好みだけは、どうしようもないです(汗)
目と口が大きくて、笑顔が素敵で、
弾けるような演技をするところとか、紅雀さんと似てるなあと
(こじつけ過ぎ?!)
思うのですが^^;

それから、町田樹(たつき)選手も
好きになってしまいました!
『黒い瞳』凄く良かったです。
この人も、弾ける演技派タイプですね(笑)。

NHKは、
民放と違って、変な煽りも、
延々と日本人選手の演技場面を繰り返し流したりしません。
そのせいで、
外国人選手の素晴らしい演技場面がカットされています。
みんな好き好んで、その局のフィギュアスケートを
見ている訳じゃないんです。
その局でしか、見れないから仕方なく見てる。
勿論、NHKのフィギュアスケート放送が100点なんて
言いませんが、
(カメラワーク下手だったなあ^^;)
(選手が遠すぎて見えなかったり、上半身しか映さない、
下半身しか映さない場面があり、演技が全く見えません)
変な編集で、外国人選手の演技を
カットしないところは、褒めたいです(偉そう!)。
あとCMが無いのが嬉しい…。


テレビってほんと、
視聴者の心を掴むの下手になりましたよね…。
いくら趣味が多様化してるからって、
人の意見とか、ちゃんとリサーチして無いのかな…。


母が見ている、韓国の時代劇、
とっても素敵ですよ。
ツッコミどころも満載ですが、
何より気合が違います。衣装もセットも豪華!
バラエティーも、日本より面白いです。

日本のテレビは、歳を取ったんだなあと思います。
お金が足らなくて、下請けに任す状態が多いみたいですし。
これは、
テレビだけじゃないのかも^^;


 フィギュアスケートは、これからが
楽しみ! という、将来有望な選手が沢山いて、
大変、心強いです。
 でも、モロゾフさんは、
日本人は、選手を偶像化して、彼らを育てようという気持ちが
足らないと、新聞で言ってました。
フィギュアスケートのテレビの映し方、編集の仕方とか、
もっと声を大にして注文してもいいと思うんです。
こうすれば、視聴率が取れるだろうっていう
民放局のやり方とか、カメラワークとか、もっと。
ファンはきっと多いと思うんですけど、
集まるところがないのかなあとか、思ってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ