感動!

フィギュアスケートのNHK杯。
受信料を払っていて良かったと、心の底から思える瞬間です。




昨日の夜は、
女子ショートプログラム(SP)。
特に感動したのが…
今は書けません。(涙)
ここで書いて不吉な事が起こったら、
立ち直れないので、フリー・プログラムが終わるまで、
名前は、伏せておきます(><)


フィギュアを見た後は、
十代目金原亭 馬生の落語テキスト本を、
寝る前にちょっとだけ読みました。
「目黒のさんま」の殿様が、
萌えキャラに匹敵するくらいの、存在感でした…。
指折り数えて、さんまを食べる日を待つ姿が、
かわい過ぎます!
 他にも「たがや」。
この噺、人がざっくり死ぬので、苦手だったのですが、
馬生さんの噺は、抵抗が少なく読めました。
ライトノベルみたい。
“たがや”が格好良すぎる…!
そして、まさかの両国橋の花火の日という設定。
こんな設定あったっけ(?_?)
 上方は、こういう殿様ネタとか、剣劇ネタって、
少なそう。乾いたスポンジが水を吸うように、
私の心に入っていきます。飢えていたのかな…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ