立花家 千橘 独演会

2011年10月28日(金)南森町・繁昌亭

桂 治門 「ご祝儀(普請ほめ)」
立山センター、立花オーバー 「漫才」
立花家 千橘 「天狗裁き」
~中入り~
桂 米八  「曲独楽」
立花家 千橘 「地獄八景亡者戯」


転んでもタダでは起きない…!
この会で何か糧を得たいです。(>_<)



入りはそこそこ。
開口一番は、治門さん。
パンフレットには、「ご祝儀」って書いてありますが、
内容は「普請ほめ」。
ご祝儀って、開口一番のお洒落な言い方なのかな?
今年のはじめくらいに、
彼の「寄合酒」を聴いたと思うのですが、
言葉の固さが少なくなったような印象。^^
ゆっくり話しても大丈夫なところと、(上手く話が運ぶ)、
話の流れが途切れて聞こえるところがあるので、
そこを、ならしていったら、いいんじゃないかなあと
思いました。
 主人公が、叔父さんの前で顔を上げるとき、
ジャーンジャジャーン♪と、
伴奏を歌い、ばあっと顔を上げる(笑)。
たぶん、ベテランさんになった時は無くなっている
くすぐりだと思うので、ここでメモっておきます。
中々楽しい、「普請ほめ」でした。


お次は、漫才師のお二人。
年齢は40代と50代?の男性の方。背が高い方と低い方という組み合わせ。
近所に出来たボッタクリバーのような、お好み焼き屋さんで、
お客さんと、なぞなぞ好きの店主がいて、
なぞなぞを解けたら、タダ。ダメだったら、値段が倍増(笑)。
設定は面白いんだけど、
どうしてお客さんが、そこまで店主の意地悪に付き合うのか、
ちょっと分からないなあと思いました。
コントに、こんな突っ込みはヤボなんでしょうか…。
 あと、ペットショップの場面。
店員が猫を運んできたんですが、まるで箱を持っているような仕草。
ちゃんと抱いて持って来て欲しいです。
それか、背中の皮のところを摘むとか…。
 千橘さんの独演会に出る漫才師なら、女性の方が良かったのでは。
前座を除けば、全員、中年男子になっちゃうんで(^^;)
「色物」が二席あるというのも、
会のバランス的に良かったのでしょうか…。


お次は、千橘さんの「天狗裁き」。
何度か他の噺家さんで聴いていますが、
私が白旗を上げるくらいのものは聴いていません。
奥さんの話し方が良かったです。
話の展開が急なんですが、
感情が急に変わっても無理なく見ていられるというか、
凄く自然に感じれるんですね。
凝縮した芸というのでしょうか。
特に、夫に話しかける前の、言葉が出る直前の、
顔がナイスでした。すっごく、女の人っぽい。
 でも、彼女が噺から退場する時、
「かき餅でも食べて来い」と言うタイミングが
一つ早まったような?
この台詞の後に、夫婦喧嘩の理由を尋ねるのは、
ちょっと無理があります。
夫婦喧嘩の理由を聞いて、「そんなくだらない事で」、
「(俺の)女房の所にでも行って、かき餅でも食って来い」。
 この後、私の気持ちも持ち直したら
良かったのですが、ここが気になって…。
あとは、そつなくこなされたなあと思います。
それでも印象に残っていることと言えば、
天狗のときに、お囃子が聞こえたことくらいでしょうか。
(これってレア?)
千橘さんとしては、不本意な内容だったのでは、
と思います。他の人の意見も聞いてみたいです。
「ここがとても良かった!」と云う言葉が聞きたい…。


中入り後は、米八さん。
お初です。
「色物」担当の芸人は、繁昌亭の前で、
赤字の名前の看板が出るそうです。
(噺家さんは、黒字の名前の看板)。
米八さんは、噺家でもあり、曲独楽の芸人さんでも
あるので、私の出番のある日は、どっちを担当しているのか、
色で見て判断して下さいね、と。
 曲独楽っていっても、音楽が流れたりしないんですね。
独楽はやや大きめで、その中心に、長めの棒が生えています。
そこの棒に両手をかけ、
擦り合わせるようにして、独楽を回していきます。
ほっといたら、10分くらい回っているそうです!
その回ってる独楽を、棒の端に乗せたり、
手の上で躍らせたり、色んな事をします。
一見独楽って、回っているように見えないんですよ^^;
独楽を上から見たら、うず巻き状のデザインなんで、
そこを見れば、ぐるぐる回っているので、
ああ、回っているんだなと思うのですが、独楽の側面は黒色
だったように思います。
 それから、繁昌亭の広い客席から見る曲独楽って、
意外と迫力を感じにくいですね。広場とか、公園とか、
体育館とか、お客さんが三百六十度取り囲んで見るくらいじゃないと…。
最近は、3Dとか、びっくりするような映像に慣れているので、
「ほえ~」って皆見てる。芸は素晴らしいのに、勿体無い…!
もっと臨場感が欲しい。座る場所が悪いのかな。
お客さんを舞台に上がらせるか(無理だ)、
米八さんが舞台から下りるかして欲しいです。
 刀の先に、独楽が渡っていく芸とか、輪くぐりをする独楽とか、
本当に素晴らしかったです。独楽が生き物みたいでした。
最後は、独楽の綱渡りでシメ。
拍手の量が少なくて、大変申し訳なかったです。
屋外で独楽を回すのは、風の加減で難しいのでしょうね…。
やっぱり体育館か道場っぽい所かな。


最後は、千橘さんの「地獄八景亡者戯」。
“じごく ばっけい もうじゃの たわむれ”
文楽っぽいタイトルですね。
この噺、長すぎて、パーフェクトな内容を期待できません。
見所は、噺家さんの時事ネタです。
千橘さんだけを責めるわけじゃないのですが、
主人公がどこで入れ替わったのか、大変分かりにくいです。
それから、これは千橘さんだけかな、茶屋のお婆さんの話が、
ちょっと長すぎたように思います。聞いている男は、
若旦那の使いで来ているので、急いでいるはずなんですが…。
 この会に出すまで、
場数が踏まれていない印象を受けました。
小さな会で何度も積み重ねて、独演会で出す、
というルートを通ってないような…。
この噺は、長すぎて、高座に大変かけづらいものです。
それでも…独演会までには、と思います。
 極端ですが、40分くらいの噺にしたら、
どうなるんだろうと思います。私は横道に反れるのが、
余り好きではないので(^^;)いらちなのかな
五代目松鶴は、凄く短かったらしいです。
だから、何だって言われそうですが(汗)、
原点に立ち返った「地獄八景~」もあっていいんじゃないかな、と
思いました。



繁昌亭と独演会、私と相性が良くない感じがします…。
でも、動楽亭で見た千橘さんの「井戸の茶碗」は、
本当に素晴らしかったので、悔いは無いです。

井戸の茶碗は、紅雀さんでも、
あそこまで語れないと思う。
こういう、ブラックリストの噺が、
また一つ増えてしまいました。
 たまに、肩を並べるくらいの噺をしてくれるので、
気は抜けないのですが。
そういう場合でも、壁を超えたとは言わないでしょう。
双璧と称します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ