べにこご

2011年11月2日(水) 中崎町

桂 こごろう 「佐々木裁き」
桂 紅雀   「宿屋仇」

中入り後は、
お客さんの書いたアンケートを読みながら、お二人のフリートーク。

アンケート内容
①なんで俺が○○せなアカンねん!
②愛を感じるもの。
③今年中にコレをします!宣言



べにこごに行くのは、これで、4、5回目です。
なのに、駅の出口を間違えてしまいました。(><)
4番出口なのに、動楽亭の感覚で1番出口へ。
どこだここは?! 状態で焦りました。

幸い、さきさんと中崎町を散策した時の記憶が蘇り、
ことなきを得ましたが…。
本と、迷子になりやすい性質なので、困っています。
(多分、方向感覚の神経が足らないのだと思う)

初めて行くところは地図を持って行くのですが、
もう大丈夫だろう! という時にいつも迷ってしまいます。
一番ひどかったのは、
映画館のお手洗いの中で、出口が分からなくなった事です。
用を足し、ドアを出た瞬間、
ここはどこだ?! でした…。


そういう余計な情報は置いといて、
べにこごは、けっこう充実した内容でした(^O^)。
入りはそこそこ。若干少ないめくらいでしょうか?

べにこごは、来るお客さんの顔ぶれが大体決まっているらしく、
座る場所も大体同じ様なところを座るようです(笑)
勿論、ご新規さんは、好きなところ座っていいんですよ。


トップバッターは、こごろうさん。
マクラは、大阪府知事、大阪市長選について。
橋下さんが府知事になるときの公約が、
確か、子どもに笑いを、それから、校庭に芝生を。
娘さんと通う学校を見ると、どっちも出来てない、と。
「うちの娘、あんまり笑わんけどなぁ~」
って、こごろうさん、それはアナタが何とかしないと(笑)

政治にからめて、「佐々木裁き」を。
佐々木さん、赤ら顔のでっぷりと肥えた人だったそうです、と。
これは初耳!
シロちゃんは13歳。奉行ごっこの時に出てきた、
「てっちゃん」が凄くツボでした。^^
顔がゴンタって感じなんです。眉毛の動かし方が何とも…。
 シロちゃんのお父さんが、桶屋さんなんですが、
仕草がとても細やかで感動しました。桶を動かす辺りとか…!
それから、お父さんの苦言で、「最近ろくな遊びをせえへん」
その内容が、何とお奉行ごっこではなく、葬礼(そうれん)ごっこ!
そこからお奉行ごっこをしている、流れになるのですが、
この辺がちょっとうろ覚えです。汗
 シロちゃんと佐々木さんのやり取りは、
まだ感触を確かめているような感じでした。
もうすぐ、大きな会で高座にかける予定なのでしょうか。
ボクシングに喩えると、
試合前のスパーリングのような。
本番になったらどうなっちゃうんだろう?! 
こごろうさんは、いつ見ても切れ味鋭いなあと思います。


お次は、紅雀さん。
マクラは、名古屋の落語会のあと、浜松の落語会へ行くのに、
名古屋で(?)一泊した、という内容。
こごろうさんは先に大阪へ帰ってしまい、
一人でとても退屈だったそうです。
旅先の街の繁華な部分に、余り出会えなかったと言っていたような。
 旅にからめて「宿屋仇」を。
お囃子の方は、この会には基本的に来られて無いようなので、
どうなるのかなと思いましたが、どうにかなりました(笑)。
 冒頭は勢いたっぷり。
三人が宿に到着した時、対応に出たのが「伊八」だと、
はっきり言っていました。前回も言っていたかもしれませんが、
新鮮に感じました。
 芸者さんが入ってきた時、紅雀さんの視線が上を向いて、
「ずぼっと立っとかんと、座り」
と、言う場面があるのですが、そこの所の視線が細やかで好きです^^
芸者遊びをした事が無い、三人組。
ちょっと大げさに、三味線の音も聞いたことが無いような男たちだと、
そう言っていましたが、三味線は一般の女性でも、たしなみ程度であれば
弾けたと、どこかに書いてあったので、それが本当なら、
聞いたことが無い、というのは言いすぎかなと思います。
 伊八が注意しに行って、清八?が反論する台詞は、
「芸者三人呼んで、騒がんと、念仏唱えてたらええんかい」
ここはやっぱり、般若心経を写経してたらええんかい、
の方が、まだ好きですね。いつか超えてもらいたいです(><)
 源やんが、相撲の行司をするまで、
台詞が無いように感じ、存在が薄いと、前回の感想で書いたのですが、
今回は特にその部分が気にならなくなりました。何故?
視線の送り方とか変えたのでしょうか?
伊八が相撲に巻き込まれる所が凄く面白かったです。
前回は無かったような? だったら嬉しい(^^)
 「色事(いろごと)」の場面では、
奥方の話し声が“鈴”のようだと。コロコロコロ(笑)
コロコロついて行ったと云う所が面白かったです。
奥方を刺してしまう擬音は、前よりもエグく無くなりました(ほっ)。
バサーバサー! 
そして、「うぇ~っへっへっへ」(?)と、
源やんが悪そうな顔で笑う場面が凄く可笑しかったです。
歌舞伎の悪役がモデルなのかな?? 最高でした!
これは前回無かったところです。^^
 それから、源やんがハゲという設定で笑いを取る、
と云うくすぐりは無くなってました(よかった…)
私の祈り(呪いか?)が通じたのでしょうか…。
 1時間を超える熱演だったらしいのですが、
ちょっと長く感じてしまいました。
源やんが、のろける所や、三人が、枕元で話している所は、
やや間延びして感じたので、詰めてもらえたらなあと思います。
 お隣の部屋の侍、源やんが小声で話しているのに、
どうして、“小柳 彦九郎”という侍の名前が
聞こえたのでしょうか??
面白そうだから、耳をそばだてていたのかな?
それとも静かに寝てると、どうしても
小声でも隣の声が聞こえてくるものなんでしょうか。
ちょっと謎なので、メモっておきます。


中入りに、皆さん、アンケートを提出します。
こごろうさんは、白いつなぎの服で、
紅雀さんは、赤いつなぎ…のハズが、今回は私服!
家に忘れてきたか、この会場のどこかにあるようなのですが、
見つからなかったよう(^▽^;)。

①何で俺が○○せなアカンねん!
は、会社の話が多かったような。みなさん、
気を遣っているんですね。
中には、母親から「代わりにトイレ行っといて」と、
言われたエピソードも(笑)

②愛を感じるもの。
家族の寝顔とか手料理とか、
そういうのが多かったように思います。
ペットの“肉球”って答えた人も。
紅雀さんも肉球が好きで、触ると猫に嫌がられるとか。
(やっと猫ちゃんの話が聞けた!!)
こごろうさんは、肉球は意外とザラザラしている、と。
猫を飼ったことの無い私としては、どちらも
へえ~という内容でした。

③今年中にコレをします!宣言
最後に、浮気、と答えたアンケートが(何と!)
紅雀さん、浮気はするものだと、意外な発言。
行動じゃなくて、気持ちが起こった時点で、
浮気だと(女子高生みたい^^;<中学生か?)。


どういう流れで、出てきたのか忘れましたが、
紅雀さん、楽屋で、こごろうさんが凄く大きなオナラをした事を、
お客さんの前で暴露(笑)。
こごろうさん、「お前なぁ…」と言いかけ、
「ちゃうねん、俺、ロケットになりたかってん!!」
少年の心を忘れない人間なのだと仰っていました。
そのやり取りが、凄くおかしかったです。^^


会がお開きになったのは、だいぶ遅かったようですが、
とても楽しい時間でした。
母が、「噺家さんってトークショーないの?」と、
そんな事を以前言っていましたが、
べにこごって、落語+トークショーだと思いました。

愛知から来られたお客さんもいらっしゃったようです。
その情熱に、感動。

あと京都から来られている方に、
声をかけてもらいました。^^
嬉しくて、思わず色々とカミングアウトしてしまいました。
(カミングアウトが早すぎていつも引かれます…)

コメントの投稿

非公開コメント

愛を感じるもの

「紅雀さんv-238」って書きはりました?^m^
ネットがあるから余計に世界は広いようで狭くなってます。
湖涼さんとも知り合えたしね(^^)b

そ、それは…!

 ストレートすぎて書けませんでした(>_<)。そのアンケートを読まれた瞬間「シーン」ってなりそう(笑)。お二人のリアクション度を測るには丁度いいかもしれませんが…。

 ネットがあると、本当に距離感が無くなってきますよね。にこさんと知り合えたのも、本当に大きいと思います。ツイッター、ちゃんと見てなくてごめんなさい(汗)。

しろちゃん

こごろうさんの「佐々木裁き」もいっぺん聴きたいなぁ。
ツイッターはね、見たい情報を集めるために見るのが一番やと私は思うの。
そないにのべつチェックせんでもえ~と思うよ。
でもね、ツイッター検索で「桂紅雀」を検索すると思わぬニュースにありつけることがあります、たぶん(^_-)-☆

むふふっ(^_^)

べにこごお疲れ様でした。
お隣で楽しく過ごしたはずなのに、
へぇ~そんなん言ってたかなぁ~ なんてこともあり
改めて楽しくブログ拝見しました。

湖涼さん、後半のトークでの紅雀さんの魅力も
もっと語ってくださったらいいのに・・・。
紅雀さんは落語も楽しいけど、トークから垣間見る
お人柄がホントにステキだと思います。
湖涼さんもそう感じているはず!・・・と思ってるのは私だけ?

にこさん&さきさんへ

>にこさんへ
こごろうさんの「佐々木裁き」を聴かれたことがあるんですね。さきさんは、久しぶりだと仰っていたので、暫く封印していたのかと思っていました。ツイッターは、つぶやき検索を辛うじています…。最近、アニメのキャラ(?)がよく引っかかって大変で(^^;)。
あと、まん我さんが賞をとる前のインタビュー記事なんですが、ご存じでしょうか?http://migohsha.com/feature/artist13/色んなまん我さんの写真も付いていて素敵だなあって思いました。^^

さきさんへ
べにこご、お疲れ様でした!
紅雀さんの魅力は、さきさんの方が良く発見されるので…私はもうダメです(笑)。独占欲が強そうな人だなと思ってしまいました。末っ子気質というのでしょうか。こごろうさんが「好きな女の子がツイッターで『今ご飯食べてる』ってつぶやいているのを見たら嬉しくないか?」っ言った時、「そんなん『何で俺と食べに行かへんねん』って思いますよ」と仰ったので。^^; また次お会いする時は、紅雀さんの魅力的な人柄を、私に教えて下さい…。厳しい目で見すぎているのかもしれませんね(汗)

今度は句読点不足<(_ _)>

「『佐々木裁き』、もいっぺん聴きたい」ではなくて、「『佐々木裁き』も、いっぺん聴きたい」というつもりでした。
まだこごろうさんで聴いた事はありましぇ~ん。
「見巧者」はかなり前(1年以上かも)にUPされたもので、ご自身が言った覚えの無い部分もあると聞いたことがありましたが、どこがそうなのかは不明です。
湖涼さんは好きな人に対するほど厳しくなるタイプなのかな?(^^)

にこさんへ

 読み間違えてすみません(><)。にこさんは、よく上方弁を使われるので、うっかりそう読んでしまいました。(言い訳)
 まん我さんのインタビュー記事は、そんなに前のものだったんですか。写真やデザインがとっても格好良くて、表現者としてのまん我さんを上手くとらえているなあと思いました。いつか紅雀さんにもインタビュー来ないかな…。
 好きな人ほど厳しく(笑)そうかもしれません。最近は、長女気質を刺激するタイプなのかなと思うようにもなりました。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ