更新とお知らせ

紅雀さんメモ、更新しました。

9月25日(日)の銀瓶さんの会、紅雀さんと二席ずつという情報だったのですが、
銀瓶さんのブログによりますと、長講一席ずつに変更されたそうです。

桂華紋「色事根問」、桂紅雀「宿屋仇」、対談、仲入り、笑福亭銀瓶「帯久」

その他の更新内容はこちら。
・9月23日(金/祝)14:00 滋賀県米原市にて ルッチDEきんせい寄席 桂雀々独演会
・11月13日(日)14:00 こーぷ寄席 神戸市にて吉弥さんとご一緒です。


「宿屋仇」はネタおろしなのかどうか、ちょっと分かりません(汗)
こういうゲストの会で、そういう事ってするもんなんでしょうか?
由瓶さんの会では鉄板ネタ二席(逆さま盗人、くしゃみ講釈)だったように思うのですが、
今から思うと鉄板だけど、当時はそうでもなかったのかな?

華紋さんも、帯久というネタも初めてです。対談込みで楽しみです。


「宿屋仇」は多分、私の中の米左さんを超えれないと思います・・・。
双璧まで行ってくれると良いのですが。(ファンにあるまじき後ろ向きな気持ち)



枝雀さんの「くしゃみ講釈」見ました。
凄く若い、枝雀寄席の映像でした。
紅雀さんの「くしゃみ講釈」と 似 て な い 。間合いとか全然…。
めっちゃサラサラ進むし、24分くらいで終わったように思います。
紅雀さんは誰に稽古つけてもらったんだろう…

兄貴分のマサやんを、試験に使う直前に、
「こいつで試したろ~」と悪戯を思いついた時の表情は、
紅雀さんならではなのかな?



今更ながら、松鶴さんの「らくだ」を聴きました。
若い時より、年を重ねた時の方の「らくだ」が好きです。
半ばまですが、ほのぼのした感じがなんとも。
若い時の「やたけたの熊」は怖かったです(汗)。
紙屑屋が酔ったくらいから、怖くて最後まで聴けませんでした。

年を重ねた時の方の熊は、火をつける前に、
「女子供年寄りを、日暮れ前に長屋から遠ざけろ」と言っています。
それに、らくだを思いやる気持ちが、はっきりと伝わってきました。

鶴二さんは、若い時の松鶴師の「らくだ」を参考にされたのでしょうか。
聴いていて、あ、似てないなと思ったのですが…。
鶴二さんの「らくだ」を生で見た時は、松鶴師の面影のようなものを感じました。
でも、松鶴さんの「らくだ」を聴くと、似てないなと。
テンポも雰囲気も…。
ご自身で練られた「らくだ」を表現されようとしているのかなと思いました。

「怖い」と思った部分は、
松鶴さんの怖さと似ていると思います。
何となく、脅しを掛ける男の人が苦手なんですよ。
私の個人的なトラウマです…。
ただ、少しでも、らくだの葬式をしてあげたいという気持ちが「熊五郎」にあるんだなと、伝われば、怖さも緩和したのかもしれません。上等の酒を大家に頼んだのは、長屋の人のためじゃなくて自分のためなんでしょうけれども…。

私が求めている「らくだ」の世界は、ほのぼの系なんだなあと思いました。
そうじゃない人が見たら、きっと物足りないと思うでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

らくだ

鶴二さん、独演会に向けてあちこちでかけとこられた、らくだ。

17日、見ましたよ。
その、独演会に向けて…って、何回も見てたマニアな人たちと一緒に。

簡単に言うと、満足。
その、何度も見てた人たち的には、あそこで噛んだとか、どこそこの会の方がよかったってご意見も確かにありましたけど。

トータルでいうと、まあ、独演会って割高感があるでしょう?
そんなのが全く無い、100パーセントの会でした。

どうも

鶴二さんの独演会の「らくだ」、良かったそうで何よりです。
私が聴いた分も、きっとその日に生かされたのでしょうね。
率直な意見を言えるファンの人がしっかり付いていて、
羨ましい限りです。
100%の次は、120%の会になりますように(^^)
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ