感想

2011年8月11日(木)動楽亭昼席の感想が書き終わりました。

もずさんへ
メール有難うございます。
明日の田辺寄席、楽しんできますね。^^

もずさんが春團治さんの「代書屋」を見たのは、40年以上も前だとか。
半世紀くらい経ちそうですね(@o@)
三枚起請は、もずさんとさきさんの意見が一致したので、どうも千朝さんから教わった線が濃そうです。
で、代書(屋)なんですが、
誰から教わったのか、今のところちょっと謎ですね。
もずさんは千朝さんでは?と他の型も教えてくれたのですが…


本当は、もずさんにメールを返さないといけないのですが、こういう形でさらしてスミマセン(汗)

ガタロが出てくるから、ポ~ンの枝雀型とは言えないので、
春團治の型なのでは…と、もずさんに教えられ目から鱗でした。
代書屋って色んな型があったんですね、これは失念。

・米朝型=代書(屋)フルバージョン。在日朝鮮人のパスポート代筆依頼→丁稚(女子衆)さんでサゲ。米二さんと千朝さんがフルバージョンを引き継いでいるみたいです。
・春團治型=米朝さんの型を途中で切ったもの。饅頭商→減り止め売り→ガタロ→女郎買い→新聞掲載→サゲ無しで終了。※米朝型は、新聞掲載で客が帰り、朝鮮人が来店する。
・枝雀型=饅頭商→減り止め売り→ポ~ン屋さん→サゲ無しで終了
・福笑型=細部は違うが、大まかな流れは春團治型か?

上方落語メモ、ざっと見ました。
そしたらやっぱり、枝雀さんの型でした。「せいねんがっぴ!」、提灯行列のくだりは外してますが、他は、ほぼ同じ流れです。
・枝雀型=饅頭商→減り止め売り→ポ~ン屋さん→サゲ無しで終了
・紅雀型=饅頭商→減り止め売り(代書屋、怒りを発散すべく短く叫ぶ)→ガタロ→叫んで終了

ポ~ンとは言いませんが、叫びに近い声を出すところなどに、血の濃さを感じます。

千朝さんから教わったのではという意見が出たときは、
びっくりしました。
もしそうだとしたら、千朝さんは紅雀さんの「代書」を見て失神するでしょう(笑)。
(違いすぎてきっとびっくりされるでしょうね)。
でも、もずさんからのメールが無ければ、恐らく枝雀さんとの「代書」の距離の近さ、また違いなどは発見できなかったと思います。

もずさんへ いつも情報不足の私に色々と提供していただき有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

「せいねんがっぴ」は、紅雀さんはなかったのですか?
でも、主人公の名前は留さんらしいので、やはり枝雀型ですかね。
まあ、色々研究して見るのも面白いですね。(*´∀`)ニヤニヤ

もずさんへ

「せいねんがっぴ」は、たぶん無かったように思います。
主人公よりも代書屋さんが主役っぽい感じもしましたね。ちょっと若い感じで…。また違った感じで面白かったですよ。
 朝鮮人のくだりはこのままだと滅んでしまいそうなので誰かリメイクして欲しいなと思うところです。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ