感想

旭堂南海さんの「難波戦記(一)~軍師・真田幸村~の感想」が書けました。
くしゃみ講釈に出てくる「難波戦記」を聴きに行ったのですが、
後で調べたところ、くしゃみ講釈に出てくる講談の部分は、
「難波戦記」の本当に最後辺りのようです。
そうとは知らず、「難波戦記(一)」を聴きに行った私って一体(笑)。

講談って、中々感想サイトを知らないので、
少ないのかなあと思うのですが、
今、私が知っているのは「GUNLUK」というサイトだけです。
(はじめは落語の感想を目当てに行ってましたが、講談や浪曲、演劇、映画など色んな感想が書かれてあって驚きました)

落語もそうですが、講談も、もう少し若い人に聴いてほしいです。今のお客さんが引退したら(どこに)、次の世代の人が来てくれるのか不安です。歴史が好きな人は多いように思うのですが、きっかけが無いのかなと思ったり。歴史が好きな人よりも、熱血系の漫画が好きな人の方が向いているかもしれません。漢気(おとこぎ)が好きな人というか。自分の好きな歴史キャラが出てくるので、けっこう面白いですよ。難波戦記(一)は、後藤又兵衛(司馬遼太郎の短編集に出てくる快男児)がちょっとだけ出てきたのですが、それだけでめっちゃ嬉しかったです。これからもっと出番が増えるんだろうなあ。。それから好きな歴史人物が増えるのもいいですね。真田のお父さんと、あほの秀忠と、片桐のおじさんです。真田幸村は私の中で彼らを超えるのかどうか少し不安です。

コメントの投稿

非公開コメント

講談

こんばんは
もし私がまん我さんにハマって、落語会通いをしてへんかったとしたら、ひょっとすると講談はせいぜい「にほんごであそぼ」の山陽さんを見る程度で終わっていたかも知れへんなぁ。。。
たまたままん我さんが吉坊さんや南青さんと長講の会なんぞやってはるので、南青さんを聴いたのが初めての講談やったような気がします。
南青さんでは無いけど、たまに落語と同じ演目があったりして、しかも落語よりたくさん笑ったことがありました。

こんばんは

講談は、私も落語会に行ったら出会ったという感じです。南青さんはまだ直接見たことがありませんが、写真やHPを見ると随分格好良い人のようですね。落語と講談のコラボの会は少ないと思っていましたが、まん我さんも参加されている会があるんですね~。講談師の方が来られると、やっぱり落語は長講ものかリレーをしないと持ちませんね(笑)。

以前もらったメールで、枝雀一門の「時うどん」はシンプルだと教えてくださって有難うございます(返信する機会を逃がしてすみません)。まん我さんも紅雀さんもテキスト的にはよく似ているんですね。前座用に短くしているのかなと思っていたので、ほんと目から鱗でした。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ