伊勢物語(69段)

現代語訳してみました。
原文を下に置くのは気が引けるのですが…。

落語の「崇徳院」で、
若旦那とお嬢さんの馴れ初めの部分
(お嬢さんが崇徳院の上の句「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の」を書き、初対面の若旦那に渡して二人が別れる…というもの。下の句はあえて書かれておらず、そこが彼女の本音「割れても末に会わんとぞ思う」。)
のモデルになった話かなあ、なんて。

伊勢物語の女性は、かなり悲観的な(皮肉まじりの?)上の句を男に送っています。
男が下の句で、それを「だからこそ…」と引っくり返してかなりポジティブな内容を詠みました。
 「崇徳院」では、若旦那は下の句を渡す場面がありませんが(渡す必要も無いので)、
女性が上の句のみを詠んで、一か八か男に打って出るという状況はよく似ていると思います。


 むかし、男がいた。その男は伊勢の国に、狩りの使いに行ったのだが、かの伊勢の斎宮(皇族出身の巫女)になった人の親は、「いつもの使者よりは、この人をよく労わりなさい」と言ってあったので、斎宮も親の言うことゆえに、非常に心をこめて男を労わったのだった。朝には狩りの用意をして出発させてやり、夕方に帰ってこれば、自分の屋敷に来させもてなした。そうして心をこめて親切に世話をした。二日目の夜、男は強引に「会おう」と言った。女も矢張り「全く会いたくない」とも思わない。しかし、人目が多く繁っているので会わないでいた。男は、正使の人だったので、そう遠くに泊まってはいない。部屋は、女の寝屋近くにあったので、女は、人を寝静ませて、子一つ(11時から11時半)頃に、男のもとに来たのだった。男も寝ていなかったので、寝室の外の方を見て臥せっていると、月のおぼろな夜に、小さな童を先に立たせて、人が立っていた。男はとても嬉しくなって、自分の寝る所に、女を率いて入れ、子一つから丑三つ(2時から2時半ごろ)まで二人で居たが、まだ何事も語っていないのに、女は帰ってしまった。男は非常に悲しくなって、眠れなかった。やがて夜明けになり、気がかりではあるが、自ら人を遣るべきことでもないので、いたって心許なく待っていると、すっかり夜も明けてしまい、それでもしばらくそこにいたが、女のもとから期待していた言葉は何も無いまま、一首の歌のみが届けられた。
 君や来し 我や行きけむ 思ほえず
  夢か現(うつつ)か 寝てか醒めてか
男は甚だしく泣きながら詠んだ。
 かき暗らす 心の闇に 惑ひにき
  夢現(ゆめうつつ)とは 今宵(こよひ)定めよ
と詠んで女に遣り、狩りに出た。
 野にいても、心はうわの空で、今宵こそは皆が寝静まってから、すぐさま会おうと思ったが、伊勢の国守で、斎宮寮の長官でもある人が、狩りの使いがいると聞いてやって来て、夜、それも一晩中、男は相手と酒を飲んで過ごしたので、全く会える事もできず、その夜が明けば尾張の国へ出立しなければならなかったので、男は人知れず血の涙を流したが、会えなかった。夜がしだいに明けようとする頃、女の方から差し出された杯(さかずき)の皿に、歌が書き出されていた。手に取って見てみると、
 徒歩(かち)人の 渡れど濡れぬ 江にしあれば…
と書かれてあり、歌の下の句がない。男は、その杯の皿に、続松の炭で下の句を書きついだ。
 またあふ坂の 関は越えなむ
そうして夜が明けたので、男は、尾張の国へ向かって伊勢の国を越えていったのだった。斎宮は、清和天皇の代に務めた人で、文徳天皇の娘、惟喬の親王の妹である。


歌の意訳
・君が来し~…あなたが来たのか、私が行ったのか、よく分かりません
        夢だったのか現実だったのか、寝ていたのか目が醒めていたのか

・かき暗す~…暗くなる、心の闇に、戸惑ってしまう
         夢か現実かは、今宵はっきりさせましょう

・徒歩(かち)人の…歩いて渡れるほどの、濡れもしない河だったので…(私とあなたの縁も浅かった)
   またあふ坂の…(それ程の河ならば容易に)また大坂の関を越えて、あなたに逢いに行きましょう
 


 むかし、男ありけり。その男伊勢の国に、狩りの使いにいきけるに、かの伊勢の斎宮なりける人の親、「常の使よりは、この人、よくいたはれ」と言ひやれりければ、親のことなりければ、いと懇ろにいたはりけり。朝(あした)には狩りにいだし立ててやり、夕さりは帰りつゝそこに来させけり。かくて懇ろにいたづきけり。二日といふ夜、男、われて「あはむ」といふ。女もはた、いと逢はじとも思へらず。されど、人目しげければ逢はず。使実とある人なれば、遠くも宿さず。女の寝屋近くありければ、女、人をしづめて、子一つばかりに、男のもとに来たりけり。男はた寝らざりければ、外の方を見いだして臥せるに、月のおぼろなるに、小さき童を先に立てて、人立てり。男いとうれしくて我が寝る所に、率ていり、子一つより丑三つまであるに、まだ何事も語らはぬに、帰りにけり。男いと悲しくて、寝ずなりにけり。つとめていぶかしけれど、わが人をやるべきにしもあらねば、いと心もとなくて待ちをれば、明けはなれてしばしあるに、女のもとより言葉はなくて、
 君やこし我や行きけむおもほえず
  夢かうつゝか寝てか醒めてか
男いといたう泣きてよめる。
 かきくらす心の闇にまどひにき
  夢現とはこよひ定めよ
とよみてやりて、狩に出でぬ。
 野にありけれど心はそらにて、こよひだに人しづめて、いととく逢はむと思ふに、国守、斎宮のかみかけたる、狩の使ありと聞きて、夜ひと夜酒飲みしければ、もはら逢ひごともえせで、明けば尾張の国へたちなむとすれば、男も人知れず血の涙を流せどもえあはず。夜やうやう明けなむとするほどに、女方よりいだすさかづきの皿に、歌を書きていだしたり。とりて見れば、
 かち人の渡れどぬれぬ江にしあれば
と書きて、末はなし、
 そのさかづきの皿に、続松の炭して歌の末を書きつぐ。
   またあふさかの関は越えなむ
とて、明くれば、尾張に国へ越えにけり。斎宮は水の尾の御時、文徳天皇の御むすめ、惟喬の親王の妹。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ