八五郎坊主(枝雀さんCD)

今日は「べにこご」に行って来ます。^^
図書館に寄るのも忘れませんように。

CDを返却する前に聴いておこうと思いまして、
枝雀さんの「八五郎坊主」を聴きました。
子守唄代わりになるかなと。
(聴くのは三回目で二回とも寝ちゃったので^^;)

今回は、最後まで聴けました。
けっこう面白かったです。
最後、八五郎が友達二人と話をしている情景が
目に浮かぶようで、じーんと来ました。ちゃんと友達いるやん
ノリカスで吹き出してしまって、布団の中で怪しい動きをしてしまいました。
鼻をつまむしか対処法がありません。
(それは泣くのをこらえる時の仕草なのでは)


平日の夜、疲れが残っている時に聴くと、
寝ちゃうんでしょうか…。
・お坊さんがお経を唱える場面
・はしかも軽けりゃほうしゅんも軽いという歌を2回繰り返す所
ここでダウンしたことをメモっておきます。
目の前で落語を聴いたら、寝ないと思うのですが…。


次は、「親子酒」を借りれるでしょうか。
枝雀さんのCDはとても人気があるので、
いつも借りられていて棚ががらがらなんです。
この間なんか、落語CDが一枚も棚に無いので、
4月からCDを置く場所が変わったのかなと思ってしまいました。
(職員さんに聞いたら「変ってませんよ」というお返事)

コメントの投稿

非公開コメント

八五郎坊主

枝雀さんの八五郎坊主は、昔NHKで上方落語の会のを聞いた記憶があります。天衣無縫に「坊主抱いて寝りゃ、可愛いてならぬ」と歌うシーンが印象的でした。
それと同時に放送されたのが、月亭可朝さんの「住吉かご」でした。今となればなつかしい。ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

もずさんへ

 こんにちは!
八五郎の歌「坊主抱いて寝りゃ~」の歌は、
チョンコ節のところですか?
あの場面は、枝雀さんの歌に圧倒されつつも、面白くて凄いなあと思います。
 可朝さんの「住吉かご」…気になります。
米朝一門の人と比べて、何か変わった場面とかありましたか?
可朝さんも米朝一門の噺家さんですが、少し異色のような気がして(笑)

そうそう、ちょんこ節だろうと思います。
上方落語メモにも出てきていますので参照下さい。

可朝さんのは、よっぱらいの出てくるシーンがカットされていました。
テレビ用で、時間もないのでそうなったのでしょう。
二人で乗り込んだ客のシーンもあり、落ちは「あれがほんまのくも駕籠や」
でした。

もずさんへ2

こんばんは。
「住吉かご」で、よっぱらいをカットすることってあるんですね。タイトルに反して、よっぱらいのおじさんが主役かなあと思っていたので驚きました。紅雀さんは逆に、二人ので乗り込んだ客の場面をカットしてましたので。

上方落語メモ、読みました(^O^)<チョンコ節!
CDを返してしまったので、こうやって読めるのがいいですね。
プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ