動楽亭昼席

2017年7月7日(金) 大阪市/動物園前

桂 弥太郎 「転失気」
桂 二乗  「写真の仇討ち」
桂 米左  「替り目」
桂 南天  「佐野山」
~中入~
桂 紅雀  「向う付け」
桂 千朝  「鴻池の犬」


勢いのある落語ばかりでした。



弥太郎さん、たった一つの言い間違えが頭に残ってしまって。そういうのが気にならないくらいの内容を求めてしまいます。

二乗さん、新作と言えないくらい古い噺なのに、新作っぽい感じ! 新たな一面を見た思いがしました。もう一度聴きたいです。

米左さん、思いの外、良かった(しみじみ)。大きい声が正直苦手だったのですが、この噺は、そういう場面が少ないです。奥さんに対して虚勢を張って生きている最後の世代かも。ご本人がたとえそうでなくても、リアリティが半端ない。紅雀さんの替り目はフィクション性が強い気がする。おしっこで富士山を描くというのは初めて聴きました。

南天さん、サンボマスターのマクラから、勢いそのままに佐野山。東京と違うところがあるのは、小佐田先生が移したからなんでしょうか? 佐野山と横綱が新町のお店で話し合う場面とか、十代目馬生さんのでは無かったなあ。声援を飛ばす場面も、わちゃわちゃしてて、とっても上方っぽい。

紅雀さん、久しぶりの仕事で…てなことを言ってて、マクラの合い間合い間で「分かります? 伝わってます?」とお客さんに尋ねる。伝わってますよー。芸人を殺すのは客のあくびではなくて、仕事が無い日が続くことです。落語に入るとほっとしました。この噺、地味に好きなのは、主人公がくやみの台詞を忘れて、「(この線香)隠居にやって」と差し出すところです。

千朝さん、ずっと前、田辺寄席かどこかで鴻池の犬を聴いて、「わんわん連合」がとても印象に残っていたのですが、今回は、以前より、どこかしら手を少し加えて噺がパワーアップしているように感じました。噺って噺家さんと一緒に進化していくんですね。「肩にノミが…」で思わず笑いました。それにしても、ここの旦さんはネガティブな方向に妄想する癖があるように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

湖涼

Author:湖涼
ブログ管理人(湖涼)の連絡先
jaimo.koryou★gmail.com (★を@に変えて下さい)
@koryou_ツイッターです。
2つのアクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
↑にほんブログ村

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ